経済学部シラバス
2022年度(令和4年度)

Syllabus

ゼミナールⅠ(渡部)

履修年度 2022
講義コード 11C0125734
科目名 ゼミナールⅠ(渡部)
開講期 通年
担当者氏名 渡部 真弘
履修年次 2年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 経済問題や社会問題の本質を明確に捉えるために必要な経済学的視点と分析能力を培うことを目的とする.各自の問題意識を集約したグループ研究の成果を論文として執筆することを目的とする.また,就職活動の準備として,企業研究・業界研究を行う習慣を身に付けることを目的とする.
到達目標 企業の経営戦略を考える問題や,組織・制度の在り方を考える問題といった題材を,論理的に考察する習慣を身に付ける.また,文章力や発表力等の就職活動に向けて必要となる能力を身に付ける.
授業外学修内容・授業外学修時間数 課題に関連する文献の内容を把握するための予習・復習に加えて,就職活動に向けた準備を行うこと.本科目では,週に少なくとも4時間(計120時間以上)の授業時間外の学修が必要である.
授業計画 【第1回】第1期の活動に関するガイダンス

【第2回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-1)

【第3回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-2)

【第4回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-3)

【第5回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-4)

【第6回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-5)

【第7回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(1-6)

【第8回】グループワーク(1-1)

【第9回】グループワーク(1-2)

【第10回】グループワーク(1-3)

【第11回】グループワーク(1-4)

【第12回】グループワーク(1-5)

【第13回】グループワーク(1-6)

【第14回】グループワーク(1-7)

【第15回】第1期の振り返り

【第16回】第2期の活動に関するガイダンス

【第17回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-1)

【第18回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-2)

【第19回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-3)

【第20回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-4)

【第21回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-5)

【第22回】文献輪読,Office 365や統計分析ソフトウェアRの基本的操作,多変量解析に関する演習(2-6)

【第23回】グループワーク(2-1)

【第24回】グループワーク(2-2)

【第25回】グループワーク(2-3)

【第26回】グループワーク(2-4)

【第27回】グループワーク(2-5)

【第28回】グループワーク(2-6)

【第29回】グループワーク(2-7)

【第30回】第2期の振り返り



※就職活動の準備として,企業研究・業界研究といった課題を適宜指示することがある.
成績評価の方法 評価割合は,各授業回の事前準備や議論への取り組み姿勢60%,企業研究・業界研究の成果20%,グループワークに基づく研究成果20%とする.グループワークに参加しない学生については,成績評価の対象外とする.
フィードバックの内容 課題に対する講評を行う.各グループが作成した資料への講評や追加指示等をMicrosoft Teamsを通して共有する.
教科書
指定図書
参考書 『明日からビジネスで使える! EXCELとRによるデータ解析入門』上村 龍太郎,北島 良三,竹内 晴彦 ,山下 俊恵,吉岡 茂 丸善出版 2014
『データマイニング事例集』上田 太一郎 共立出版 1998
『データマイニング実践集』上田 太一郎 共立出版 1999
教員からのお知らせ 論文執筆や発表資料作成に欠かせないMicrosoft Word・Excel・PowerPointといった各種ソフトウェアの操作については適宜指導する.分析対象に応じて,統計分析ソフトウェアRの操作についても指導する.また,授業に係る連絡や資料配布は,Microsoft Teamsを通じて行う.
オフィスアワー オフィスアワー:火曜日3時限,2号館516研究室

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,事前予約を必須とした上でオフィスアワーを実施する.本科目に関する質問はMicrosoft Teamsのチャット機能で随時受け付ける.
アクティブ・ラーニングの内容 ディスカッション,グループワーク,プレゼンテーション
その他 グループメンバー同士でコミュニケーションを積極的に図り,情報共有や議論のすり合わせを行い,発表資料を事前に準備すること.初めのうちは関連資料を自分なりに理解したことを他人に分かりやすく伝えることを意識すれば十分である.基礎を身に付けてから,自分なりの考察のような付加価値を付けることを意識すること.