経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

特殊講義10〈中国の金融〉※経済・国際コース_3年生以上

履修年度 2020
講義コード 11C0125010
科目名 特殊講義10〈中国の金融〉※経済・国際コース_3年生以上
開講期 1期
担当者氏名 林 康史
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的  中国の金融の特徴と課題を考える。現在、中国経済は規模において世界第2位となり、中国経済を抜きにして日本経済・世界経済を語ることはできなくなった。また、市場経済化したとはいえ、中国の政治・経済・金融は特殊であり、中国経済は体制および政治に大きく依存しており、金融も国の体制および政治の影響を受ける。中国経済は、ダイナミックに動いており、中国の金融制度・システムを学ぶことの意義は大きい。
到達目標  わが国への影響を無視し得ない中国経済に大いに関心をもつ。中国の政治・経済体制の特殊性を理解し、中国の金融制度・システムの概略を説明できることである。さらには、日米の金融制度・システムと比較することで、金融論の理解を深めることが期待できる。
授業外学修内容・授業外学修時間数  15回2単位の本科目の授業外学修時間数は60時間である。授業外学修は予習・復習に充当されたい。
授業計画 【第1回】ガイダンス~中国経済(歴史的展開と現状)、中国金融を学ぶ意義
【第2回】金融論の復習、日中比較のために
【第3回】中国の政治体制、改革開放と中国がかかえる問題
【第4回】中国の金融制度・為替制度の改革の接近法(漸進的アプローチ)
【第5回】金融制度の変遷➀ モノバンク制の時期
【第6回】金融制度の変遷② 金融システム再生期
【第7回】金融制度の変遷➂ 金融制度拡充期
【第8回】中国人民銀行の特徴・法的位置づけ
【第9回】中国人民銀行の目的と機能、貨幣政策の概念、政策手段
【第10回】金融セクター、金融機関(銀行・証券・保険)
【第11回】短期金融市場
【第12回】長期金融(資本)市場、証券セクター、保険セクター
【第13回】人民元の外国為替制度の変遷
【第14回】人民元制度改革、管理変動相場制、人民元制度の今後の見通し
【第15回】総括、中国金融の課題
成績評価の方法  期末試験に、レポート、授業への取り組み姿勢等を加え、総合的に評価(予定)。小テストを行う場合もある。
フィードバックの内容
教科書 『適宜、指示する。』
指定図書 『ジム・ロジャーズ 中国の時代』ジム ロジャーズ著 林康史・望月衛(訳) 日本経済新聞出版社 2008年
『過剰流動性とアジア経済』大野早苗・黒坂佳央 編著 日本評論社 2013年
『21世紀資本主義世界のフロンティア : 経済・環境・文化・言語による重層的分析』21五味久壽 [ほか] 編著 批評社 2017年
参考書 『アジア通貨危機の経済学』近藤健彦・中島精也・林康史 編 東洋経済新報社 1998年
『通貨政策の経済学』クルーグマン著、林康史・河野龍太郎 訳  東洋経済新報社 1998年
教員からのお知らせ  中国の金融を学ぶ理由を明確に認識して履修すること。
 金融論の授業を履修済み(履修予定)であることが望ましい。
オフィスアワー  本授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワーにて受付ける。
その他  出席状況は評価対象外である(欠席は減点対象となる場合がある)。ただし、3分の2以上の回の出席が求められる。