経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

憲法

履修年度 2020
講義コード 11C0123301
科目名 憲法
開講期 2期
担当者氏名 橋本 広大
履修年次 1年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 私たちは家族、大学のサークル、企業、市町村や国家など、様々な集団の中で生きています。これら集団はそれぞれが一定のルールを形成しており、私たちはそれに従うことが求められています。本講義では、重要なルールの一つである法(律)について、身近なトピック等をまじえ概観し、また、国家の基本的な仕組みを定めたルールである憲法について、分かりやすく説明します。
到達目標 1.法学の基本的考え方を理解し、他者に説明できるようになる。
2.憲法がどのように解釈・実現されているかを理解し、他者に説明できるようになる。
3.身の回りの法律に関連する出来事を正確に理解し、他者に説明できるようになる。
4.現行法の問題点や、よりよい法のあり方について、論理的に考え、自分の意見を述べられるようになる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 本講義を履修する学生に必要な授業外学修時間は60時間(=講義1回あたり4時間)です。講義内容をよく復習してから、次回の講義に臨むことが重要です。復習の際には、下記の教科書や講義内で紹介する参考書等を活用してください。
授業計画 【第1回】法と現代的課題(1)
【第2回】憲法の基礎
【第3回】選挙と参政権
【第4回】国会の役割
【第5回】行政権と議院内閣制
【第6回】司法権と裁判制度
【第7回】天皇制
【第8回】法と現代的課題(2)
【第9回】人権総論
【第10回】信教の自由と政教分離
【第11回】表現の自由
【第12回】経済的自由
【第13回】人身の自由
【第14回】社会権
【第15回】幸福追求権と平等
成績評価の方法 定期試験の評価を中心とします(80%)。また、講義中に小テストや小レポート等を適宜課し、これも参考にします(20%)。
フィードバックの内容 講義後にいただいたご質問等について、全体に補足すべきと思われるものがあれば翌週の講義内にてフィードバックを行います。
教科書 『プレステップ憲法〈第2版〉』駒村圭吾編 弘文堂 2018年
『※教科書については初回の講義で適宜説明します。』
指定図書
参考書 『講義内で適宜指示します。』
教員からのお知らせ 1.講義の際は頻繁に法令を参照するため、六法を持参するなど、常に法令を参照できる状態で受講してください。どのような六法が適しているかについては初回の講義で説明します。
2.講義中は私語厳禁です。
3.法は文章の形で記述されており、その理解には一定の読解力が求められます。難しい漢字や概念を目にした際には、そのつど辞書や辞典を使って調べる習慣を持つことが、法学の学修に役立ちます。
オフィスアワー 本講義に関するご質問・ご相談は、講義終了後、次の講義等に支障がない範囲で教室内にて対応します。
その他