経済学部シラバス
2023年度(令和5年度)

Syllabus

日本語表現法基礎2C

履修年度 2023
講義コード 11C0103803
科目名 日本語表現法基礎2C
開講期 2期
担当者氏名 南波 千春
履修年次 1年生
単位数 1
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義・演習
授業の目的 大学生として必要な、日本語の「話す・聞く・読む・書く」に関する表現力を身につけることを目的とする。

授業計画に示すテーマで毎回講義を行い、授業中には随時、作文実習を行う。

教科書付属の問題を使うので、教科書を必ず持参すること。

留学生の場合は日本語能力試験N1レベル程度を目安とする。
到達目標 大学生活と勉学における、コミュニケーションに関する基本的な表現を幅広く理解し、必要に応じて用いることができる。

大学でのレポート・論文作成や就職活動、インターンシップの活動に、授業で学んだ知識を役立てることができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 この科目では15時間以上の授業外学修を行うこと。

毎回の授業の後には、復習し再度作文演習をして理解を深めること。
授業計画 【第1回】ガイダンス・目上の人にアポイントメントを取る

【第2回】窓口で事務手続きをする

【第3回】個人・組織にメールを送る

【第4回】敬語を使ってメールを書く

【第5回】公的機関等に電話をかける

【第6回】イベントで社会人と会話する

【第7回】頼みごとの目的をしっかり伝える

【第8回】アポや申し込みのためのコンタクト

【第9回】業者とメールで相談する

【第10回】業者に条件を伝えて発注する

【第11回】教育実習先へのコンタクト

【第12回】OB・OG訪問のためのコミュニケーション

【第13回】手紙で協力を依頼する

【第14回】外部機関に向けて提案をする

【第15回】インターンシップに挑戦する
成績評価の方法 毎週提出する授業課題(80%)、授業への取り組み姿勢(20%)。
フィードバックの内容 重要な課題について授業中に解答例を見せて解説する。
教科書 『大学生のための 実用日本語表現ドリル』真田治子・野原佳代子(編著) 三省堂 2019年
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 学籍番号によるクラス指定有。詳細は時間割およびガイダンス資料を確認すること。
オフィスアワー この授業は複数クラスなので、オフィスアワーあるいは質問対応可能時間の詳細については各担当教員に問い合わせること。
アクティブ・ラーニングの内容 課題解決型学習
その他