日経新聞×立正大学
The Nikkei × Rissho University

特徴1:ニュース検定への取り組み

1年生は全員が学修の基礎の時間の中で「ニュース検定」の勉強もしていきます。その勉強を通して、ニュースを身近なものとしています。
2年生以降では、「日経で学ぶ実践的な経済学1」「日経で学ぶ実践的な経済学2」(各50人限定)の講義で経済記事を読み進めています。

特徴2:実践的な経済学

「日経で学ぶ実践的な経済学1」は、経済記事を読むことに慣れることを主眼に置いています。『日本経済新聞』の紙媒体を用いて専門の講師と経済学部の教員が各テーマについて交互に授業を展開します。

「日経で学ぶ実践的な経済学2」は、経済学を用いて経済記事をより深く理解することに主眼を置いています。『日本経済新聞』の電子版を用いた、経済学部教員と日本経済新聞の解説委員とのコラボレーション講義です。
いずれの授業でも、演習形式が取り入れられ、自分自身で興味を持った記事を選び、その記事について調べた内容をグループで発表するなど、自主的な参加が求められます。
1は紙媒体の『日本経済新聞』、2は電子版の『日本経済新聞』を購読します。ただし、費用は経済学部が負担しますので、学生がこの講義を受講することには追加的な負担はありません。

【講義名】「日経で学ぶ実践的な経済学1」

「日経で学ぶ実践的な経済学1」は、経済小説作家にして企業の人財コンサルタントの渋井真帆氏と本学部の教員とのコラボレーション授業です。日本経済新聞の記事を題材にし、実践的に経済学を学ぶことを目的としています。渋井講師の担当回は、その日の紙面を読む際に役立つフレームワークや基礎データを提示し、当日の新聞の読み合わせ、解説、受講者同士のディスカッションなどを行います。教員の担当回は、担当分野ごとに新聞記事を読む際に理解が深まる内容の講義を行います。

日本経済新聞を読む習慣を身につけることで、大学の学びだけでなく、就職活動の筆記試験、面接試験への対応強化にもつながります。

テーマ講師
第1回ガイダンス・日経の読み方と読む効果渋井
第2回新聞記事はどうやって作られるのか渋井・
日経社員
第3回『消費Biz面』の読み方渋井
第4回『企業面』の読み方・その①渋井
第5回ミクロ経済学とマーケティング小野崎
第6回企業経営・産業動向芹田
第7回『企業面』の読み方・その②渋井
第8回『投資情報、マーケット面』の読み方・その①渋井
第9回企業財務川口
第10回『投資情報、マーケット面』の読み方・その②渋井
第11回『国際面、アジアBiz面』の読み方渋井
第12回国際経済蓮見
第13回『経済面』の読み方渋井
第14回マクロ経済政策慶田
第15回演習と講義全体のまとめ渋井

講義概要

第1回(講師:渋井)

ガイダンス・日経の読み方と読む効果

第2回(講師:渋井・日経社員)

新聞記事はどうやって作られるのか

第3回(講師:渋井)

『消費Biz面』の読み方

第4回(講師:渋井)

『企業面』の読み方・その①

第5回(講師:小野崎)

ミクロ経済学とマーケティング

第6回(講師:芹田)

企業経営・産業動向

第7回(講師:渋井)

『企業面』の読み方・その②

第8回(講師:渋井)

『投資情報、マーケット面』の読み方・その①

第9回(講師:川口)

企業財務

第10回(講師:渋井)

『投資情報、マーケット面』の読み方・その②

第11回(講師:渋井)

『国際面、アジアBiz面』の読み方

第12回(講師:蓮見)

国際経済

第13回(講師:渋井)

『経済面』の読み方

第14回(講師:慶田)

マクロ経済政策

第15回(講師:渋井)

演習と講義全体のまとめ

【講義名】「日経で学ぶ実践的な経済学2」

「日経で学ぶ実践的な経済学2」は、日本経済新聞社と本学部の教員とのコラボレーションで実施します。学部での講義と現実経済の流れをリンクさせ、生きた経済とその学び方を知ることを目的としています。まず、学生は、財政、金融、産業、国際経済、人口・雇用の各テーマについて、日本経済新聞社の記者による新聞記事の解説を聞きます。その上で、学部教員によるオムニバス講義を通じて、各テーマに関連する現実の経済問題と経済学の理論の関連性について学びます。特に、本講義では、日経電子版に触れて新聞を読む習慣を身に付けることで、大学の学びのみならず就職活動にも活用してもらうことを目指しています。

テーマ講師
第1回ガイダンス・日経の読み方(基礎編)-
第2回日経の読み方(実践編)-
第3回テーマ1:財政日本経済新聞社講師
第4回テーマ1:財政藤岡
第5回テーマ2:金融日本経済新聞社講師
第6回テーマ2:金融
第7回日経電子版を使った演習1-
第8回テーマ3:産業日本経済新聞社講師
第9回テーマ3:産業
第10回テーマ4:国際経済日本経済新聞社講師
第11回テーマ4:国際経済河原
第12回テーマ5:日経電子版を使った演習2-
第13回テーマ5:人口と雇用日本経済新聞社講師
第14回テーマ5:人口と雇用山口
第15回まとめ-

講義概要

第1回

ガイダンス・日経の読み方(基礎編)

第2回

日経の読み方(実践編)

第3回(講師:日本経済新聞社講師)

テーマ1:財政

第4回(講師:藤岡)

テーマ1:財政

第5回(講師:日本経済新聞社講師)

テーマ2:金融

第6回(講師:林)

テーマ2:金融

第7回

日経電子版を使った演習1

第8回(講師:日本経済新聞社講師)

テーマ3:産業

第9回(講師:王)

テーマ3:産業

第10回(講師:日本経済新聞社講師)

テーマ4:国際経済

第11回(講師:河原)

テーマ4:国際経済

第12回

テーマ5:日経電子版を使った演習2

第13回(講師:日本経済新聞社講師)

テーマ5:人口と雇用

第14回(講師:山口)

テーマ5:人口と雇用

第15回

まとめ

経済学部教授陣と日本経済新聞編集委員が、一つのテーマで交互に講義をおこなうコラボレーション授業

経済学と現在の経済の流れをリンクさせ、生きた経済とその学び方を知ることを目的とした構成。
日本経済新聞社の編集委員が、新聞記事を通して現在の経済問題について解説します。次の回には経済学部の教員が同じテーマで講義をおこないます。

日経電子版講読IDを貸与

受講者は講義や予習のため日経電子版を自由に読むことができます。この機会に、日々新聞を読み、利用する習慣を身につけて、その後の就職活動にも活かすことを目指します。