File007 小瀧さん
Career Support

File007 小瀧さん

小瀧さん

大和証券株式会社 勤務

File007

立正大学の手厚いサポートで
充実した学習環境を実現
希望の金融業界に就職できました

立正大学経済学部は、特待生制度や資格取得サポートなど、学生サポートが充実しており、学業に専念できると思って選びました。ゼミナールは高校時代から金融に関心があったため、金融3業態とメーカーで為替ディーラーやエコノミストとして働いてこられた林先生のゼミナールに所属。金融関連授業はすべて履修し、広く深く学ぶことができたと思います。また、取引所や金融機関、メディアの方々が講義される特別講義を受けたり、現場のプロの声を直接聴くこともできました。金融が少しずつわかってくるにつれ、実際にその現場で働きたいと思うようになり、金融業界を志望するようになりました。
就職活動では金融業界の中でも自己成長でき、かつ、女性でも活躍できるかという点を重視して企業を選んでいきました。行動面ではテスト対策を万全にすることはもちろんのこと、他大学の学生との交流やグループディスカッションを多く組み入れることで、本番への力をつけながら先へ先へと対策を打つように心がけました。最初は不安でいっぱいでしたが、立正大学経済学部はその時期その時期に合わせた就職活動に関するセミナーや親身に相談にのっていただける環境も整っていたので、一つ一つ不安を解消し、無事内定を頂くことができました。

学生生活で印象に残っていることは?

守谷育英会の奨学生になることができたことです。他の大学の方々も応募されるもので、倍率は前年度より20倍前後とかなりの難関でした。ゼミナールの林先生が推薦書を書いてくださったり、ゼミナールの仲間が面接練習に付き合ってくださったりと多くの方々のお力添えをいただいた結果、守谷育英会の奨学生になることができました。他大学の優秀な学生もいる中、自分を選んでいただけたので、今までの頑張りが認められたと感じ、大変嬉しかったです。

役に立った就職プログラムは?

経済学部プログラムです。講師の方には大手企業で人事を経験された方が多かったので、模擬面接やグループディスカッション等を通して実戦的に講義をしていただけました。また、各人の業界・志望企業・技量に合わせたアドバイスや効果的な就職活動準備・面接練習の仕方なども細かく教えて頂けたので、安心して就職活動に臨むことができました。

後輩達へのメッセージ

自分に合った大学や学部を選ぶことも大事ですが、入った後どう行動していくかということの方が大事だと私は思っています。私は4年間精一杯頑張ってきましたが、それを見てくださる方がいて、さまざまな方向でサポートしてくださる方々に恵まれました。立正大学経済学部には就職活動や学費の面等、多くの方向でサポートしてくださる環境が整っています。ぜひ大学のサポートを活用し、充実した大学生活を送ってください。この数年間で、成長し、自らを変えることが可能だと考えてください。

> 学生インタビューはこちら