File004 宮内さん
Career Support

File004 宮内さん

宮内さん

不動産業内定

File004

就職活動で長期的な計画が立てられるように

高校3年次にリーマンショックがあり、就職について深く考えるようになりました。そうしたなか、安定性ということもありますが、地域の人たちの生活に貢献できるような仕事に就きたいと、公務員を志望するようになったのです。

そのように将来の目標は固まっていたので、大学時代はずっとその目標のためにさまざまな努力を重ねてきました。公務員試験対策として筆記試験の勉強に多くの時間を割き、勉強を怠りませんでした。筆記試験は純粋に点数で評価されることから、自分自身にプレッシャーをかけ、徹底的に対策を練って準備をしたのです。

そうした努力の成果もあり、第一志望に掲げていた都内の区役所から内定をいただくことができました。就職活動に費やした時間も長いし、勉強にも力を入れました。けれどもそうしたことから、さまざまなことを学ぶこともできたのです。例えば計画性が身についたこともその一つ。公務員の就職活動は非常にスパンが長く、モチベーションを維持するのが難しい一方で、少しでも準備を怠ると挽回するのが難しいといえます。この就職活動を通じて、長期的な計画を立てて物事に臨むことを覚えました。

また学部のゼミナールでは他大学のゼミと交流を持ち、研究を深める機会がありました。議論を進める上で、常に考える癖も身に付いたと思います。これらの知識やスキルは、社会に出て働き始めても役立つに違いありません。

区役所での業務は人と関わることが基本になります。幅広い年齢層の方ときちんとコミュニケーションを取ることができ、地域に貢献できるような職員になりたいですね。

File004 宮内さん

業界はどのように選びましたか?

大学入学時点から、公務員になりたいと思っていました。誰かの役に立つような仕事がしたくて、住民に奉仕するような行政職員に憧れたのです。私は千葉県出身なので地元の市役所なども受けましたが、立正大学のある都内の区役所を第一志望として、就職活動を行いました。

その区役所については入学してから興味をもったのですが、都心ということで大規模な再開発が進む一方で、江戸時代から続く伝統ある風情も感じられるエリア。そうした今と昔のギャップを大事にしていきたいと思い、志望しました。

どのようなスケジュールでされましたか?

進路が明確だったので、1年次からキャリアサポートセンターには顔を出していましたね。また大学主催の公務員合格者体験談などにも早い時期から参加していました。そして、大学主催の公務員試験対策の講座も3年次から受講し、勉強を進めました。

ただ、公務員試験は一般企業よりもスタートが遅い分「上手くいかなかったら後がないな」といった不安はありました。そうした中で国家公務員や地方公務員など複数の自治体・官庁を受験し、最終的に第一志望先の都内の区役所から内定をいただくことができたのです。第一志望の都内の区役所から内定をいただいたのは4年次の9月。就職を意識して準備を始めた時期から考えると、非常に長い就職活動でしたが、結果にはとても満足しています。

立正大学の就職サポートはどうでしたか?

職員の方の就職支援など、とてもプラスになったと思います。特に印象的だったのは学内で公務員対策講座を開講している点です。これは学外のスクールに依頼して講師を派遣してもらい、大学キャンパスで講座を行うというもの。もともと学外でそうした講座を受けようと思っていたこともあり、授業終了後にそのまま学べるので非常に助かりました。もちろん無料ではないのですが、学外の講座に参加するよりも安く受講することができます。

とにかく、立正大学の就職支援は充実していると思います。私自身、この公務員講座をしっかり受けることで第一志望の区役所から内定を得ることができましたから。誰でも頑張れば目標が実現できると信じています。

File004 宮内さん

就活でつらかったこと、
落ち込んだことはありますか?

公務員試験対策として、これまでにないほど勉強しましたし、徹底的に自分を追い込んできました。勉強に行き詰まって友だちに相談したことも何度もあります。そうした中で辛いと感じたこともありますし、落ち込んだこともあります。ただ、目標が明確だったので、そこへ到達するためには必要なことばかりでした。今になって思うと苦しいだけの就職活動期間ではなかったですね。

実際に就職活動がスタートしてからも、ニュースで騒がれているほどの苦労は感じませんでしたし、結果的に複数の官庁から内定をいただくことができました。「この分野に進みたい」という強い想いがあれば、就職活動も乗り切れるのではないでしょうか。

内定を取れたポイントは
どこにあると思いますか?

皆さんの中には、都内の区役所は倍率も高く、受ける前から諦める人がいるかもしれません。けれどもきちんと対策を練って臨めば、内定も夢ではないのです。私が他の就職活動生よりも力を入れたと自信をもって言えるのは、筆記試験対策で、常に勉強を欠かしませんでした。

他にも、無理に明るく振る舞うこともやめました。私自身は滅茶苦茶明るいタイプではないので、明るく振る舞うと違和感があると思ったのです。それよりも「落ち着いている」「真面目そう」といった印象を残すように心がけました。

皆さんも早い時期から就職を意識し、しっかりと準備をすれば、きっと道は開けると思います。ぜひ頑張ってください。

File004 宮内さん