大学院経済学研究科

クローズアップ

教育目標

本大学院の課程は、修士課程および博士後期課程とする。

経済学研究科経済学専攻は、その修士課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、経済学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

経済学研究科経済学専攻は、その博士後期課程教育プログラムを通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、経済学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

カリキュラムの特長

経済学研究科には、経済システム研究コース、環境システム研究コースおよび地域システム研究コースの3つのコースがあります。「学生が研究者または高度な職業人として自立した研究活動などを行うことに必要な研究能力およびその基礎となる豊富な学識を養うために、各コースに幅広い専門科目を配置しています。学生は、経済システムの科目、環境システムの科目および地域システムの科目などを総合的に学習し、各自の研究目標にあわせて計画的に研究を行います。また、修士論文を計画的に作成するための思考力・判断力を高めることを目的とした少人数クラスで行う講義・演習科目もあります。そして、修士論文の作成には、指導教授による研究指導を目的とした演習科目を受講します。さらに、異文化との接触・交流を深め、グローバルスタディーの充実を図るために、語学研修を目的とする自由科目もあります。

大学院経済学研究科長メッセージ

立正大学は145年を超える長い歴史と優れた伝統を持つ大学であり、東京都心の品川区に立地しています。大学院経済学研究科は1988年に創設され、現在,修士課程と博士後期課程を擁しています。2017年4月から,「経済システム研究コース」と「環境システム研究コース」に加え,「地域システム研究コース」が新たに設置されました。... ≫ 続きを読む

大学院経済学研究科「三つの方針」

経済学研究科経済学専攻は、広い視野に立って精深な学識を授け、経済、環境および地域の各分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養成することおよびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。... ≫ 続きを読む

学位授与

立正大学大学院経済学研究科では博士(経済学)と修士(経済学)の学位を授与します。... ≫ 続きを読む

パンフレット

大学院経済学研究科のパンフレットを掲載します。ぜひご覧ください。
≫ パンフレット
≫ 中国留学生向け