スタッフ紹介

林 康史

林 康史

(はやし やすし)

教授
主な担当分野 金融論、国際金融、証券論、中国金融

略歴

大阪生まれ。大阪大学法学部卒。クボタ、住友生命、大和投資信託、あおぞら銀行(輸出営業、原価管理、為替ディーラー、エコノミスト、ストラテジスト等)を経て、2005年から現職。華東師範大学(客員教授)、一橋大学(非常勤講師)、日本学生支援機構 機関保証制度検証委員会(委員長)等。

現在の研究テーマ

(1)金融システム・金融法のあり方
(2)マーケットストラクチャー・価格形成メカニズム
(3)行動ファイナンス
(4)パーソナルファイナンス
(5)金融教育
(6)ドル化
(7)貨幣論・地域通貨
(8)マイクロファイナンス
(9)湛山研究

指導の方針・方法

院生の自主性を尊重しつつ、現実を踏まえて助言・指導する。

主な研究実績

  • (1)単著「商品先物市場の現状と総合取引所構想」全国銀行協会『金融』(第778号)2012年1月
  • (2)共著(林康史・木下直俊)「エクアドルのドル化政策――現状と今後の課題」立正大学経済学会『経済学季報』(第61巻第3・4号)2012年3月
  • (3)単著「中国の金融システムと貨幣政策」大野早苗・黒坂佳央 編『過剰流動性とアジア経済』第7章、日本評論社、2013年3月
  • (4)共著(車田直昭・林康史)「わが国の規制動向と総合取引所構想」池尾和人・大野早苗 編『コモディティ市場と投資戦略』第11章、勁草書房、2014年4月
  • (5)共著(林康史・木下直俊)「ドル化政策実施国における金融政策――エクアドル・エルサルバドル・パナマの事例」立正大学経済学会『経済学季報』(第64巻第1号)2014年7月
  • (6)共著(林康史・歌代哲也・木下直俊)「エクアドル・エルサルバドルの補完通貨UDIS」立正大学経済学会『経済学季報』(第64巻第2・3号)2015年2月
  • (7)共著(林康史・ニエ賽楠・張書訳・歌代哲也)「中国の商品直物取引市場――渤海商品取引所を中心に」立正大学経済学会『経済学季報』(第64巻第2・3号)2015年2月
  • (8)共著(林康史・刘振楠)「グラミン銀行とマイクロファイナンスのコンセプト――奨学金制度のビジョン再検討のために」立正大学経済学会『経済学季報』(第64巻第4号)2015年3月

所属学会

日本金融学会、金融法学会、法と経済学会、法文化学会、行動経済学会、日本FP学会