教員紹介
staff introduction

西津 伸一郎

西津 伸一郎

(にしづ しんいちろう)

准教授
主な担当分野 情報経済学、ミクロ・マクロ経済学基礎

略歴

慶應義塾大学商学部卒
慶應義塾大学大学院商学研究科(計量経済学専攻)博士課程単位取得満期退学 1998年より現職

現在の研究テーマ

情報経済学-現在は主に経済システム構成要素としての情報を中心とする研究。産業連関分析-雇用分析、シミュレーション技法の研究。

ゼミナール紹介

自分たちで研究テーマを決め、互いに議論すること、そして自ら考えることが前提となるゼミです。研究論文作成以外に、プレゼンテーションの技術の習得にもウエイトを置いています。研究の方向性などの指導は行いますが、自分達で考え行動することが基本です。そのためには、毎回出席し、ゼミ生同志の議論に参加できることが必要です。ゼミは、毎回パソコン端末室で行います。

主な研究実績

  • (1)『中国上海地域と日本との国際産業連関構造』(共著) 経済学季報 平成27年3月
  • (2)『消費税は本当に消費者が負担しているのか』経済学季報 第67巻4号 平成30年3月

所属学会

環太平洋産業連関分析学会