スタッフ紹介

中村 宗之

中村 宗之

(なかむら むねゆき)

准教授
主な担当分野 マルクス経済学基礎

略歴

1969年7月生まれ
埼玉大学経済学部卒業
東京大学大学院経済学研究科博士課程修了
上武大学ビジネス情報学部准教授などを経て、
2012年より立正大学准教授

現在の研究テーマ

貨幣, 労働, 分配, 福祉に関する理論的研究

指導の方針・方法

主な研究実績

  • (1)(共編著)『貨幣と金融 −歴史的転換期における理論と分析−』, 社会評論社, 2013年4月(勝村務との共編著。執筆担当:第20章「ホモ・サピエンスの交換性向 −類人猿の比較研究−」)
  • (2)(論説)「人口減少を考える」, 埼玉新聞, 2014年3月13日
  • (3)(口頭報告)「反原発派の分離独立論 −ノージックのユートピア論を応用する−」, 現代規範理論研究会, 於 専修大学神田校舎, 2014年9月

所属学会

経済理論学会, 比較経済体制学会, 社会主義理論学会, ヒトと動物の関係学会, 政策科学学会