経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

地誌学概論B

履修年度 2020
講義コード 15C0100102
科目名 地誌学概論B
開講期 2期
担当者氏名 高田 明典
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 日本や世界はどのような地方や地域から成り立っているのか,そしてそれぞれの地域や地方はどのような特色や成立過程をもっているかなどについての情報や見方を地図帳や統計を使って学び、地誌学におけるバランスの取れた基礎知識の付与を目的とする。
到達目標 本講義を受講することによって受講者は、地域を科学的に見ることが出来るようになる。また、地図帳や統計を使って地域を空間的に把握出来るようになる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業時に解説した地域や事柄について、地図帳を使って復習すること。なお、これらに関し、授業外に60時間以上の学修を行うこと。
授業計画 【第1回】 地誌学とは何か(地理学との違いについて)
【第2回】 市町村合併を学ぶ
【第3回】 身近な地域を調べる
【第4回】 学校での地図帳利用(日本編)
【第5回】 学校での地図帳利用(世界編)
【第6回】 北海道の地誌について
【第7回】 東北地方の地誌について
【第8回】 関東地方の地誌について
【第9回】 中部地方・近畿地方の地誌について
【第10回】 中国・四国・九州地方の地誌について
【第11回】 統計資料と地図から地域を調べる
【第12回】 世界地誌(世界はどのような国々から成り立っているのか)
【第13回】 世界地誌(世界の地域的特徴と地域的問題)
【第14回】 グローバルとローカル
【第15回】 まとめ
成績評価の方法 期末試験(60%)および授業時の小テスト(30%)、授業への取り組み姿勢(10%)で評価する。
フィードバックの内容 課題に対する講評を翌週の授業内で行う。
教科書
指定図書
参考書 『日本の地誌』立正大学地理学教室編 古今書院 2007
教員からのお知らせ 日頃から、新聞等をよく読んで世の中に対する問題意識を持つことを心がけてください。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応します。
その他