経済学部シラバス
2022年度(令和4年度)

Syllabus

金融論基礎

履修年度 2022
講義コード 11C3115201
科目名 金融論基礎
開講期 1期
担当者氏名 田倉 達彦
履修年次 1年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 今日、自立した社会生活を送るうえで、金融リテラシーの向上が必須となっているが、金融を学ぶには、座学だけでなく実際に市場の動きに触れることも大事である。本授業では、さまざまな角度から市場を考えるための講義を目指し、外国為替市場や株式市場を取り上げて、市場の動きを体感することを目的とする。そのため、取引所の見学等も盛り込みたい。
到達目標 外国為替市場や株式市場を中心に、実際の市場の構造を理解し、説明できることを目指す。また、相場の材料として経済事象を認識し、相場を見る目を養うことを目標とする。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業外学修時間は、60時間以上。授業外学修は資料の予習以外は、主として復習に充当されたい。復習以外に、参考文献を読み、それらの要約や感想などのレポートを提出してもらう予定(詳細は講義中に指示する)。
授業計画 【第1回】ガイダンス~お金とは何か、市場とは何か

【第2回】金融市場 概観

【第3回】お金の運用を考える

【第4回】外国為替市場の仕組み

【第5回】為替レートを動かす要因

【第6回】外国為替市場の予測

【第7回】東京商品取引所見学(予定)

【第8回】お金と金利

【第9回】株式市場の仕組み

【第10回】個別銘柄への投資を考える

【第11回】世界的に有名な投資家の考えていること

【第12回】複数銘柄への分散投資

【第13回】金融取引における心理的な影響

【第14回】東京証券取引所見学(予定)

【第15回】まとめ、授業内評価



※1 講義回の順番は、見学先等々と打ち合わせながら行うため、また、コロナ禍の状況・受講者数等により、変更の可能性がある(見学が講義になることもある)。

※2 新聞社等の主催する相場予測のイベント等にも参加する予定。そのための準備や予備的な学習は、毎回の講義のなかで、また、受講生が授業外で主体的に行う。
成績評価の方法 レポートや報告の内容(30%)、授業への取り組み姿勢(20%)、確認テスト(50%)等を総合的に評価する。
フィードバックの内容 原則として授業時に質問を受け、応答するが、必要に応じ「Q&A」等を作成し掲示する。
教科書
指定図書
参考書 『ライブラリ経済学 15講 金融論(近刊予定)』林康史 新世社 
『やり直しの金融・初めてのパーソナルファイナンス(近刊予定)』林康史 中央経済社 
教員からのお知らせ 基本的に教科書は指定せず、毎回必要な講義資料を用意する。また、講義のテーマに関連したビデオ教材などを活用する予定。
オフィスアワー 非常勤)本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応する。
アクティブ・ラーニングの内容
その他