経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

地球環境問題B

履修年度 2020
講義コード 11C0381301
科目名 地球環境問題B
開講期 2期
担当者氏名 藤岡 明房
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 地球環境問題の中で最も注目されている地球温暖化問題についての包括的な知識を身に着け、その対策の一環である自然エネルギーについて理解できるようになることを目的とする。
到達目標 地球温暖化問題とは何かについて包括的に把握できるようになり、自然エネルギーの利用について理解できるようになる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業で利用するパワーポイントの資料を予習と復習をすることが重要である。また、地球温暖化問題およびエネルギー問題についての著書は多数存在するので、それらの中で興味があるものを見つけて読むようにすることが望ましい。これらを行うために、60時間以上の授業外学修を行うことが必要である。
授業計画 授業は、次のようなスケジュールで行う。
【第1回】はじめに
【第2回】地球温暖化の原因
【第3回】ヒートアイランド現象
【第4回】地球温暖化の影響
【第5回】地球温暖化の歴史
【第6回】地球温暖化対策
【第7回】京都会議
【第8回】世界の排出量取引
【第9回】パリ協定
【第10回】自然エネルギー1
【第11回】自然エネルギー2
【第12回】自然エネルギー3
【第13回】自然エネルギー4
【第14回】地球温暖化問題の将来
【第15回】まとめ
成績評価の方法 2期の最後に試験を行い評価する。試験はマークシート方式を予定している。また、平常点も参考にする。 
フィードバックの内容 授業で用いるパワーポイントの資料は教育支援のストレージの中に保存されている。それをダウンロードして、事前の予習と事後の復習をしていてもらいたい。
教科書
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 本については、授業中に説明する。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応する。
その他