経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

日本経済史/日本経済史1

履修年度 2020
講義コード 11C0272001
科目名 日本経済史/日本経済史1
開講期 1期
担当者氏名 髙橋 美由紀
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 「日本経済の今後はどうなるのか」という問に、現在のみを見ていたのでは、良い解答は得られません。景気の悪い時代は過去にもありました。先人達は、これにどのように立ち向かっていったのでしょうか。
本講義では、中世から1970年代の石油危機までの日本経済をとりあげます。その中で、経済に影響を与えた人物について考えていきます。
到達目標 日本経済がどのような足跡をたどってきたのかを、世界との関わりの中で理解し、その良い点と悪い点を把握し、自分なりの見解が述べられること。また、経済史において重要ないくつかの用語や人物に関してきちんと説明ができること。
授業外学修内容・授業外学修時間数 講義前にストレージサーバから資料をダウンロードし、熟読し、分からない箇所は個人で調べておくこと(講義前2時間、講義語2時間、計60時間)。また、その他に、参考としてあげた書籍を読み、レポートにまとめること(提出方法・時期については講義中に指示する)。
授業計画 【第1回】日本経済史を学ぶ意義――歴史と現在
【第2回】中世の経済
【第3回】近世の経済
【第4回】人物から見る日本経済1――山田方谷と藩政改革
【第5回】人物から見る日本経済2――上杉鷹山と特産物
【第6回】財閥――三井・住友・三菱
【第7回】日本の産業革命――殖産興業・輸入代替・博覧会・共進会
【第8回】人物から見る日本経済1――田中正造と足尾銅山鉱毒事件
【第9回】第一次世界大戦とスペイン・インフルエンザ
【第10回】人物から見る日本経済3――石橋湛山と日本経済
【第11回】世界大恐慌・第二次世界大戦と日本経済
【第12回】ブレトン=ウッズ体制 敗戦国日本の歩み
【第13回】戦争と経済――朝鮮戦争・湾岸戦争と日本社会
【第14回】石炭から石油へ――エネルギーの変化と三井三池炭坑
【第15回】オリンピックと経済開発――交通網の整備、人口移動


映像資料も用います。
成績評価の方法 講義中のクイズ・リアペ・レポート、授業態度、前期末試験、学年末試験。
フィードバックの内容 リアクションペーパーへの質問および良いものに関しては次週にコメントをおこなう。
教科書 『使用しない』
指定図書 『日本経済の歴史』中西聡他 名古屋大学出版会 2013
『日本経済史 近世‐現代』杉山伸也 岩波書店 2012
『日本経済史1600-2000』浜野潔他 慶應義塾大学出版会 2009
『経済社会の歴史』中西聡他 名古屋大学出版会 2017
『歴史人口学の世界』速水 融 岩波書店 2012
参考書
教員からのお知らせ ほとんど毎回の授業時にリアペ・クイズ・レポートのいずれかを行う。参考書はここに記載がないものについても必要に応じて適宜紹介する。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応するとともに、メールおよびWebclassにても受け付けます。また、学部学科にて定めるオフィスアワー(月曜日3限)にても受付けます。
その他 講義参加者の希望等によって、講義内容は若干変更することもある。