経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

卒業論文(クボ)

履修年度 2020
講義コード 11C0126012
科目名 卒業論文(クボ)
開講期 集中
担当者氏名 マイケル クボ
履修年次 4年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 経済学部が開設する卒業論文は、在学中における学習成果をもとに、各自が研究テーマを設定し、担当教員の指導助言を受けながら、論文を作成するものである。卒業研究の目的は、第一に問題発見・課題設定・問題解決能力を養成すること、第二に、社会人として求められる知識や能力を習得することである。
到達目標 本科目を通じて、以下の能力が得られることを到達目標とする。
①問題の所在を見出し解決すべき課題を設定する。
②文献資料・データの収集・分析を通じて問題を解決する。
③得られた結論を論理的に整理し文章にまとめることができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 ①研究テーマに関連する分野の文献を読むこと
②新聞等を通じて社会情勢をチェックすること
③指導教員の指示にしたがって論文を執筆・修正すること
(計120時間)
授業計画 【第1回】指導教員指導:問題意識の具体化 明確化
【第2回】指導教員指導:関連文献を調べることを指示
【第3回】指導教員指導:仮テーマの決定
【第4回】指導教員指導:テーマ (論題) の最終決定
【第5回】指導教員指導:論文作成のテクニック
【第6回】学生による論文執筆
【第7回】学生による論文執筆
【第8回】学生による論文執筆
【第9回】執筆進捗の報告と確認
【第10回】学生による論文執筆
【第11回】学生による論文執筆
【第12回】第1回論文作成の中間報告と修正指示
【第13回】学生による論文執筆
【第14回】学生による論文執筆
【第15回】夏季休業中の執筆計画の報告と指導

【第16回】第2回論文作成の中間報告と修正指示
【第17回】学生による論文執筆
【第18回】学生による論文執筆
【第19回】第3回論文作成の中間報告と修正指示
【第20回】学生による論文執筆
【第21回】学生による論文執筆
【第22回】第4回論文作成の中間報告と修正指示
【第23回】学生による論文執筆
【第24回】学生による論文執筆
【第25回】第5回論文作成の中間報告と修正指示
【第26回】学生による論文執筆
【第27回】学生による論文執筆
【第28回】仮論文の報告と最終修正指示
【第29回】仮論文の最終修正作業
【第30回】論文提出前の最終指導
成績評価の方法 完成された卒業論文の質と量および当該学生の履修態度によって総合評価する。
フィードバックの内容 論文指導の中で適宜フィードバックする。
教科書
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 経済学部では卒業論文は必修科目ではないが、学生時代に学問的な創造性を発揮し得る絶好の機会であることから、積極的に履修することを勧めている。
オフィスアワー この授業は複数クラスなので、オフィスアワーあるいは質問対応可能時間の詳細については各担当教員に問い合わせること。
その他