経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

ゼミナールⅡ(平)

履修年度 2021
講義コード 11C0125821
科目名 ゼミナールⅡ(平)
開講期 通年
担当者氏名 平 伊佐雄
履修年次 3年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 ゼミナール2では、近世以降のイングランド都市の経済史を探ってみたい。とりわけ経済史上、注目すべき貿易港の発展を探り、イングランドの経済発展の歴史を学ぶことを目的としたい。
到達目標 経済発展の歴史を知ることだけではなく、歴史叙述や歴史研究のありかたも説明できるようになる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 各回のゼミのための調査・報告書の作成に関わる作業として、1回当たり4時間以上の授業外学習を要する。(計120時間以上)
授業計画 【第1回】 イングランドの16世紀から19世紀の歴史の確認①

【第2回】 イングランドの16世紀から19世紀の歴史の確認②

【第3回】 イングランド都市史についての先行研究の渉猟・整理 ①

【第4回】 イングランド都市史についての先行研究の渉猟・整理 ②

【第5回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読①

【第6回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読②

【第7回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読③

【第8回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読④

【第9回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑤

【第10回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑥

【第11回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑦

【第12回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑧

【第13回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑨

【第14回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑩

【第15回】 対象として定めた一つあるいは複数の都市の先行研究の確認・輪読⑪

【第16回】 各自のテーマ・分担についての研究報告①

【第17回】 各自のテーマ・分担についての研究報告②

【第18回】 各自のテーマ・分担についての研究報告③

【第19回】 各自のテーマ・分担についての研究報告④

【第20回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑤

【第21回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑥

【第22回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑦

【第23回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑧

【第24回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑨

【第25回】 各自のテーマ・分担についての研究報告⑩

【第26回】 プレゼンテーション資料作成と修正後の研究報告の報告①  

【第27回】 プレゼンテーション資料作成と修正後の研究報告の報告①  

【第28回】 プレゼンテーション資料作成と修正後の研究報告の報告①  

【第29回】 プレゼンテーション資料作成と修正後の研究報告の報告①  

【第30回】 プレゼンテーション資料作成と修正後の研究報告の報告①  
成績評価の方法 ゼミナールで行う報告(40%)、同リサーチレポート(60%)をもって評価する。
フィードバックの内容
教科書 『A tour thro' the whole island of Great Britain, divided into circuits or journies』Daniel Defoe 
『Liverpool 800;Culture, Character & History』Belchem, John Liverpool U. Pr. 
指定図書
参考書 『イギリス近世都市の展開―社会経済史的研究』中野 忠 創文社 1995
『イギリス近世の国家と都市―王権・社団・アソシエーション』坂巻 清 山川出版社 2016
教員からのお知らせ
オフィスアワー ゼミナールに関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワー、Eメールにて受付けます。
その他