経済学部シラバス
2022年度(令和4年度)

Syllabus

ゼミナールⅠ(山口)

履修年度 2022
講義コード 11C0125732
科目名 ゼミナールⅠ(山口)
開講期 通年
担当者氏名 山口 和男
履修年次 2年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 経済学の基礎にあたるミクロ経済学を修めることを目的とする.
到達目標 完全競争について説明できる.市場の失敗について説明できる.ミクロ経済学を使って経済現象を説明できる.
授業外学修内容・授業外学修時間数 毎回報告準備を行うこと.

授業外に計120時間以上の学修を行うこと.
授業計画 1回目 ガイダンス

2回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

3回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

4回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

5回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

6回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

7回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

8回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

9回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

10回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

11回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

12回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

13回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

14回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

15回目 ミクロ経済学の教科書を輪読



16回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

17回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

18回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

19回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

20回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

21回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

22回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

23回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

24回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

25回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

26回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

27回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

28回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

29回目 ミクロ経済学の教科書を輪読

30回目 ミクロ経済学の教科書を輪読
成績評価の方法 報告(100%)による.
フィードバックの内容
教科書 『ミクロ経済学 第3版』伊藤元重 日本評論社 2018
『ミクロ経済学をつかむ』神戸伸輔 濱田弘潤 寶多康弘 有斐閣 2006
指定図書
参考書
教員からのお知らせ
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は,学部学科にて定めるオフィスアワーにて受け付けます.
アクティブ・ラーニングの内容
その他