経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

ゼミナールⅠ(ホーマン)

履修年度 2020
講義コード 11C0125727
科目名 ゼミナールⅠ(ホーマン)
開講期 通年
担当者氏名 ホーマン 由佳
履修年次 2年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 現代のグローバル社会に求められる英語力をめざして、特定のテーマについてさまざまな視点から考える力を養い、英語で自分の考えを発信する能力を高めることを目標にする。前半はプレゼンテーションの準備から実施までのプロセスを習得し、後半はプレゼンテーションスキルを磨くことを目的とする。
到達目標 日常的なテーマの中から自分が主張したいトピックを取り上げて深く考え、関連資料の情報収集をし、英語の原稿のアウトラインを作成し、それに基づいて英文原稿をおこし、説得力のあるプレゼンテーションを完成することを目標とする。
授業外学修内容・授業外学修時間数 教室で行う授業は、ひとりひとりが授業外活動でおこなった成果を共有しあう能動的学習の場である。ゼミ生全員で決めた年間計画に沿って各自が担当分の作業を行う。
授業外学修は120時間を要する。
授業計画 *授業は学生主体で行うため、扱うテーマに関しては授業内でゼミ生と共に決める。
【第1回】授業概要
【第2〜5回】英語でプレゼンテーションするために
【第6回】個人プレゼンテーション発表会(1)
【第7〜13回】プレゼンテーション準備
【第14回】グループプレゼンテーション発表会(2)
【第15回】まとめ、振り返り


【第16回】フォーマルなプレゼンテーションとは
【第17〜21回】資料収集、ディスカッション、スピーチ原稿作成
【第22回】プレゼンテーション発表会(3)、振り返り
【第23〜27回】資料収集、ディスカッション、スピーチ原稿作成
【第28回】プレゼンテーション発表会(4)
【第29回】リハーサル
【第30回】ゼミII合同ゼミ:プレゼンテーション発表会(5)
成績評価の方法 ゼミ活動参加の姿勢、プレゼン準備の際のディスカッション・スピーチ原稿の作成やプレゼンのパフォーマンスなどによる総合評価。
フィードバックの内容
教科書
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 使用テキストや英文記事などは授業中に指示します。
プレゼンテーション実施日などにゼミIとゼミII合同で行うことがあります。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワー(金曜日2限)にて受付けます。
その他 随時配布資料あり。教科書の指定は授業内で告知する。