経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

ゼミナールⅠ(苑)

履修年度 2020
講義コード 11C0125705
科目名 ゼミナールⅠ(苑)
開講期 通年
担当者氏名 苑 志佳
履修年次 2年生
単位数 4
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的  2020年度は「日中経済―相互依存の深化」をテーマとする。世界第2位の経済規模になった中国は、世界政治にも大きな発言力を持つようになりつつある。今後、世界の政治・経済の舞台における中国のパフォーマンスはどのようになるか。また、中国社会は今後、どのような方向に進化していくか。日中経済関係は今後、どのように変化していくか。これらの諸点はゼミⅠの研究テーマである。苑ゼミは、学生主導の方針で運営していく。ゼミ授業では、教員と学生が全員平等の形で独自な主張・意見を遠慮なく述べることが期待される。
到達目標  本ゼミを通じ学生は、中国に関する総合知識を身につけることができる。様々な専門書を輪読することによって中国の政治・社会・歴史をより深く理解することができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 ①この科目では、120時間以上の授業外学修を行うこと。
②毎週の授業終了後に参考文献や予習資料などを指定するので、これを予習する。
③授業時に配布される教材や資料を復習し、次回の授業時に問題提起を考える。
④4授業の予定テーマに関連する資料を自ら収集し、これを持って授業討論に臨む。
授業計画 【第1回】前期イントロダクション
【第2回】中国経済研究にあたって
【第3回】中国の政治と経済
【第4回】農業と土地と地方経済
【第5回】工業と輸出経済の興隆
【第6回】都市化とインフラ
【第7回】企業制度
【第8回】財政システムと中央・地方政府の関係
【第9回】金融システム
【第10回】エネルギーと環境
【第11回】人口構成と労働市場
【第12回】興隆する消費者経済
【第13回】格差と腐敗
【第14回】成長モデルを変える
【第15回】中国と世界

【第16回】前期イントロダクション
【第17回】「安定成長」への円滑な移行は可能か?
【第18回】社会主義市場経済とは何か?
【第19回】メイド・イン・チャイナは声名を博せるか?
【第20回】国有企業改革はどこまで進んだか?
【第21回】農村はいかに変化したか?
【第22回】少子高齢化は何をもたらすか?
【第23回】金融改革はどこまで進んだか?
【第24回】外需依存型成長からの転換は可能か?
【第25回】外資は何をもたらしたか?
【第26回】米中間の対立は乗り越えられるか?
【第27回】日中関係はいかにあるべきか?
【第28回】持続的経済成長は可能か?
【第29回】成長の果実は誰の手に?
【第30回】前期総括
成績評価の方法 1. 学習態度50%
2. プレゼン30%
3. 討論参加20%
フィードバックの内容 毎週のプレゼン課題、テーマに対する講評を翌週授業内冒頭にて行う。
教科書 『チャイナ・エコノミー』アーサー・R・クローバー 白桃書房 2018年
指定図書 『中国経済入門』南亮進・牧野文夫 日本評論社 2012年
参考書 『中華人民共和国史』天児 慧 岩波新書 1999年
教員からのお知らせ ゼミでの活発な議論と価値のあるコメントが期待されているので、ゼミ生諸君は、遠慮なく目立ちください。また、数回のコンパーも企画中で、授業以外の場でも気軽に議論しましょう。
オフィスアワー -月曜日3限
-品川キャンパス2号館508室
その他