経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

特殊講義19〈社会思想史Ⅱ〉

履修年度 2021
講義コード 11C0125019
科目名 特殊講義19〈社会思想史Ⅱ〉
開講期 2期
担当者氏名 小沢 佳史
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 現代の日本や世界でも、貧困・差別・格差が問題となっている。この授業の目的は、こうした現代の問題のうちで、人類が古代から現代まで繰り返し議論してきたもの――例えば貧富の格差――について、過去の知的巨人たちの知恵と経験を学ぶことである。そのためにこの授業では、19世紀から現代までの「平等をめぐる思想史」を講義する。
到達目標 貧困・差別・格差といった問題をめぐり、知的巨人たちによってこれまで議論されてきた内容を説明できる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 この科目では、60時間以上の授業外学修を行うこと。授業外学修では、各回の授業の前に、教科書の該当箇所に目を通し、各回の授業の後に、教科書の該当箇所、ノート、配付資料を何回もじっくりと読み込むこと。また授業で課された小問にきちんと取り組むこと。
授業計画 【第1回】この授業で何を学ぶか?

【第2回】J. S. ミルの平等論①――第5章第1~2節

【第3回】J. S. ミルの平等論②――第5章第3~4節

【第4回】マルクスの平等論①――第6章第1~2節

【第5回】マルクスの平等論②――第6章第3~5節

【第6回】ピグーの平等論①――第7章第1~2節

【第7回】ピグーの平等論②――第7章第3節

【第8回】ケインズの平等論①――第8章第1~2.1節

【第9回】ケインズの平等論②――第8章第2.2~3節

【第10回】ロールズの平等論①――第9章第1~2節

【第11回】ロールズの平等論②――第9章第3節

【第12回】センの平等論①――第10章第1~2節

【第13回】センの平等論②――第10章第3~5節

【第14回】現代社会と平等――第II部

【第15回】まとめ



※教科書の該当箇所の内容に加えて、知的巨人たちの生涯・思想・言葉などをより詳しく紹介する予定である。
成績評価の方法 授業で課した小問(100%)によって評価する。到達目標に記載された内容について、基本的な事項を正確に把握した上で自分の言葉で説明できることを、小問の評価基準とする。
フィードバックの内容 小問に対する講評を、提出期限後の授業内にて行う。
教科書 『平等の哲学入門』新村聡, 田上孝一 編著 社会評論社 2021
指定図書 『権利の哲学入門』田上孝一 編著 社会評論社 2017
『支配の政治理論』田上孝一 編著 社会評論社 2018
参考書
教員からのお知らせ この授業の内容は、「特殊講義18 〈社会思想史Ⅰ〉」の続きである。
オフィスアワー この授業に関する質問・相談は、学部学科で定めるオフィスアワーにて受け付ける。また授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内でも対応する。
その他