経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

地方財政論2

履修年度 2021
講義コード 11C0121701
科目名 地方財政論2
開講期 2期
担当者氏名 金田 美加
履修年次 3年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的  本講義は、地方財政の基本的な知識を習得し、わが国の地方政府の活動を論理的な視点で考えることができるようになることを目的とする。そのため、地方財政の基礎理論を学んでいく。

 租税による外部性と政府間補助金の理論を中心に取り上げる。講義では毎回資料の配布を予定する。講義では毎回資料の配布をWebClassと共有ストレージで行う。
到達目標 主たる目標:地方財政に関する基礎力を身につけ、地方財政制度や機能・役割を理解できること

従たる目標:より深い研究を志すものは、そのきっかけが掴めるようになること
授業外学修内容・授業外学修時間数  各回に取り組んだ問題は必ず自分で解いて復習する、項目については語句説明文を作成する等の復習を行うこと。これら復習に要する時間を授業外修学時間とする。

 特に将来、公務員試験などの受験に臨むことを視野に入れている場合は、予習・復習として60時間以上を目安とした財政関連およびミクロ経済関連の授業外学修を行うことが望ましい。
授業計画 【第1回】 2期ガイダンス (講義の内容と進め方)

【第2回】 租税の各論① (所得課税と消費課税)

【第3回】 租税の各論② (資本課税など)

【第4回】 租税による外部性と地方財政① (租税の帰着と租税輸出論)

【第5回】 租税による外部性と地方財政② (重複課税と租税の外部性)

【第6回】 租税による外部性と地方財政③ (同時手番ゲームとナッシュ均衡)

【第7回】 租税による外部性と地方財政④ (租税競争論について)

【第8回】 租税による外部性と地方財政⑤ (スピルオーバー問題)

【第9回】 所得再分配機能と地方政府 (所得再分配政策と福祉移住、地方債の食い逃げなど)

【第10回】政府間財政移転の理論① (補助金の効果、税制調整と財源保障)

【第11回】政府間財政移転の理論② (逐次手番ゲームとナッシュ均衡)

【第12回】政府間財政移転の理論③ (補助金とソフトな予算制約など)

【第13回】政府間財政移転の理論④ (財政錯覚、等価定理とフライペーパー効果など)

【第14回】政府間財政格差 (財政余剰と個人の厚生、格差の計測など)

【第15回】2期の総括としての授業内試験
成績評価の方法 原則として試験100%で評価する。

詳細はガイダンス資料に記載(要確認)
フィードバックの内容 講義で扱った問題については、WebClassおよびTeams上のチャット機能を利用し質問などを受け付ける。

詳細は初回ガイダンス資料に記載(要確認)
教科書
指定図書
参考書 『地方財政論入門』佐藤主光 新世社 2009
『入門地方財政論 第3版』林宏昭、橋本恭之 中央経済社 2014
教員からのお知らせ 初回ガイダンス資料配信を共有ストレージとWebClassで行う。

成績評価の詳細、および、資料の配布方法等については、ガイダンス資料に記載しているので、必ず資料を入手すること。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、WebClassとTeams上の機能を利用して行う。

詳細は共有ストレージとWebClass上の初回ガイダンス資料を確認する。

なお、質問等は随時受付とする。受付た質問等は次回の講義日までに回答を行うものとする。
その他 ●履修にあたっては、ミクロ経済学と財政学に関する基礎的な知識があると望ましい(または、基礎的な知識を得ようとする意欲があると望ましい)。

●講義内容については、履修者の理解度に応じて、講義の順番や内容を変更する場合がある。

●本授業は、オンデマンド型と試料配布型の併用で行う。本授業は同時双方向型(リアルタイム配信による授業)ではありませんので、ご自身の都合のよいタイミングで取り組むこと。ただ、順次講義内容が追加されるので、あまり溜め込まないようにすることが望ましい。

●教科書は特に指定しない。必要に応じ、教員が用意した資料等の配布を共有ストレージとWebClassにて行う。