経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

人的資源管理論1

履修年度 2020
講義コード 11C0118301
科目名 人的資源管理論1
開講期 1期
担当者氏名 戎野 淑子
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 昨今、企業を取り巻く経済・社会環境が著しく変容し、労働者の就業ニーズも多様化したため、従来までの人事制度には現状との不適合な面も生じ、様々な問題が発生することとなった。そのため、ここ10年余りの間に、多くの企業で人事制度の改革が多岐にわたり行われてきた。そして、日本的経営といわれてきた「終身雇用」や「年功序列」等を特徴にもつ、日本的雇用関係も大きく動揺している。
 そこで、本講義では、雇用関係ならびに人事制度の実態とその変容を明らかにし、今日生じている諸問題について検討することとする。
到達目標 人的資源管理論に関する基礎的知識を修得することができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 復習を行うこと。(計60時間以上)
授業計画 【第1回】はじめに:講義の概要
【第2回】採用Ⅰ(新卒採用、中途採用)
【第3回】採用Ⅱ(諸外国と日本企業)
【第4回】採用Ⅲ(昨今の特徴と諸問題)
【第5回】賃金制度Ⅰ(賃金体系と日本の特徴)
【第6回】賃金制度Ⅱ(年功賃金、成果主義賃金)
【第7回】賃金制度Ⅲ(裁量労働、ホワイトカラーエグゼンプション)
【第8回】働き方改革
補講:日本の人事制度の変遷
【第9回】教育Ⅰ(OJT、off-JTの特徴)
【第10回】教育Ⅱ(エンプロイヤビリティー、自己啓発)
【第11回】教育Ⅲ(諸問題)
【第12回】評価制度Ⅰ (職能資格制度)
【第13回】評価制度Ⅱ (目標管理制度)
【第14回】まとめ(授業内評価)
成績評価の方法 成績評価の方法 定期試験の結果を中心に評価し、授業状況も加味する。なお、定期試験は持ち込み不可である。
フィードバックの内容 リアクションペーパーに対するフィードバックを次の授業で行う
教科書 『人的資源管理の力』白木三秀編著 文眞堂 2018年
指定図書 『労働経済白書』厚生労働省 日経印刷 2019年
参考書
教員からのお知らせ
オフィスアワー 水曜日お昼休み
その他