経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

コーポレート・ファイナンス2/経営財務論2

履修年度 2021
講義コード 11C0118201
科目名 コーポレート・ファイナンス2/経営財務論2
開講期 2期
担当者氏名 外木 好美
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 企業は,設備投資を行い,生産していく経済主体です。この授業では,企業の資金調達手段に何があるのか,どの手段を選ぶべきかを学びます。また,その調達手段が持つ企業への影響についても考えます。経済理論モデルによる分析を行うことから,統計学とミクロ経済学を履修済みであることが望ましい。
到達目標 この授業では,経済モデルを使いながら,企業の資金調達について学びます。①企業活動への金融の役割を知り,②資金調達手段に何があるか知ること,③企業価値を最大のためにどのような資金調達手段が望ましいのか理論的に理解できること,④日本の伝統的な資金調達であるメインバンク制とその変容について知ることを目標とする。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業では,理論モデルを扱うが,直感的な理解ができるように解説する。理論的背景を理解した上で,教科書を読むこと。また,新聞等で企業の資金調達が企業価値に影響をもたらしている具体例を調べなさい。

この科目では,60時間以上の授業外学修を行うこと。
授業計画 【第1回】ガイダンス,金融の基本的な機能

【第2回】企業の行動と価値

【第3回】収益力と財務構造,企業活動と資金調達

【第4回】投資規模の決定

【第5回】生産の不確実性と有限責任制,理想的な資金貸借市場

【第6回】資金調達の手段

【第7回】資金調達と企業価値(完全な資本市場とMM理論)

【第8回】前半総まとめ&質問受付

【第9回】金融市場における情報の非対称性

【第10回】不完備契約

【第11回】不完全な資本市場(課税の存在)

【第12回】不完全な資本市場(エージェンシー問題)

【第13回】不完全な資本市場(ペッキング・オーダー理論)

【第14回】メインバンク制,過剰債務問題

【第15回】後半総まとめ&質問受付
成績評価の方法 授業の取り組み姿勢(30%),中間レポート(30%),期末レポート(40%)で,成績評価を行う。
フィードバックの内容 各章の復習問題で,習熟度を確認してもらいます。もし解答に困ったら,Teamsを通じて質問をしてください。個別に対応します。勉強したつもりではなく,先生に質問しながら能動的に学習をしてください。
教科書 『テキスト金融論』堀江康煕・有岡律子 新世社 2012
指定図書 『金融論 -- 市場と経済政策の有効性』福田 慎一 有斐閣 2020/3/26
参考書
教員からのお知らせ 基本的な内容は指定した教科書の企業金融に関する章に基づきますが,企業金融についてより深く理解するため,指定図書に挙げているテキストから理論モデルを抜粋する等して進めます。理論モデルについては,直感的な理解,又は簡単な数値例での理解ができることを目標とします。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は,学部学科にて定めるオフィスアワーにて受付ける。
その他