経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

経済指標の読み方

履修年度 2021
講義コード 11C0116202
科目名 経済指標の読み方
開講期 2期
担当者氏名 西崎 文平
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 景気は回復と後退を繰り返すが、その動きをいち早く、かつ、できるだけ正確につかむためには、個人消費、設備投資、輸出、生産など多岐にわたる分野から、景気との関連性が強い統計に注目し、それらが発するシグナルを読み解いていかなければならない。本講義では、政府の景気判断における使われ方を参考にしつつ、景気指標の加工の仕方、解釈の仕方について学ぶ。
到達目標 この授業を受けることにより、主要な経済指標に関するニュースなどが理解できる。また、経済指標の動きを景気動向と結び付けて説明することができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 60時間以上の授業外学修を行うこと。

授業外学修では、本授業の内容の復習、次回内容の予習を行うこと。
授業計画 【第1回】はじめに(様々な景気指標、GDP入門)

【第2回】季節調整

【第3回】水準と変化、変化率(前年比、前期比、年率)

【第4回】寄与度、寄与率

【第5回】名目と実質、消費者物価指数

【第6回】GDPの三面等価

【第7回】景気ウォッチャー調査と日銀短観

【第8回】景気動向指数

【第9回】景気の一致指標

【第10回】景気の先行指標

【第11回】景気の遅行指標

【第12回】潜在GDPとGDPギャップ

【第13回】GDPと景気

【第14回】月例経済報告

【第15回】まとめ
成績評価の方法 毎回の簡単な課題50%、期末課題50%。
フィードバックの内容 課題の模範解答の解説は授業内またはポータルサイトにて行う。
教科書 『やってみよう景気判断』高安雄一 学文社 2016年
指定図書
参考書
教員からのお知らせ
オフィスアワー 授業に関する質問・相談は、ポータルサイトの掲示板か小職あてメールにてお願いします。
その他