経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

経済指標の読み方B

履修年度 2020
講義コード 11C0116202
科目名 経済指標の読み方B
開講期 2期
担当者氏名 西崎 文平
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 景気は回復と後退を繰り返すが、その動きをいち早く、かつ、できるだけ正確につかむためには、個人消費、設備投資、輸出、生産など多岐にわたる分野から、景気との関連性が強い統計を選び、注視していかなければならない。また、指標が景気に先んじて動くのか、遅れて動くのか、といった性質を理解する必要がある。本講義では、政府の景気判断(「月例経済報告」)における使い方を参考にしつつ、主要な景気指標の読み方について学ぶ。
到達目標 この授業を受けることにより、主要な経済指標に関するニュースなどが理解できる。また、経済指標の動きを景気動向と結び付けて説明することができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 60時間以上の授業外学修を行うこと。
授業外学修では、本授業の内容の復習、次回内容の予習を行うこと。
授業計画 【第1回】はじめに:景気とは
【第2回】GDP
【第3回】景況感
【第4回】生産・出荷・在庫①
【第5回】生産・出荷・在庫②
【第6回】個人消費①
【第7回】個人消費②
【第8回】設備投資
【第9回】輸出入
【第10回】住宅投資と公共投資
【第11回】雇用
【第12回】物価
【第13回】金融
【第14回】景気動向指数
【第15回】まとめ
成績評価の方法 授業内の小テスト2回(20%)、期末試験(80%)。
フィードバックの内容 小テストの模範解答は、翌週の授業内やポータルサイトにて発表する。
教科書 『やってみよう景気判断』高安雄一 学文社 2016年
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 「月例経済報告」は内閣府のホームページからダウンロードが可能です(詳細は第1回の授業で説明します)。
オフィスアワー 授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワーにて受付けます。
その他