経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

統計学B

履修年度 2020
講義コード 11C0116102
科目名 統計学B
開講期 1期
担当者氏名 西崎 文平
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 経済分析では、関心のある対象の全体(母集団)から一部(標本)を取り出し、それを調べることで全体の特性(平均値など)について推論することが行われる。たとえば、母集団の平均値がほぼ確実にこの範囲に収まるだろうという推定をしたり、母集団の平均値がいくつであるという仮説が誤っているかどうかを判断したりする。本講義では、こうした統計的推測の考え方と実践について学ぶ。
到達目標 統計的推測の考え方を理解するとともに、母集団の平均に関する点推定、区間推定および検定ができるようになる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 60時間以上の授業外学修を行うこと。
授業外学修では、本授業の内容の復習、次回内容の予習を行うこと。
授業計画 【第1回】はじめに:統計的推測とは
【第2回】確率変数と確率分布
【第3回】正規分布
【第4回】確率変数の標準化
【第5回】確率変数の和
【第6回】標本分布
【第7回】推定の考え方
【第8回】母平均の推定①(分散既知の正規母集団)
【第9回】母平均の推定②(大標本)
【第10回】母平均の推定③(分散未知の正規母集団)
【第11回】仮説検定の考え方
【第12回】母平均の検定①(分散既知の正規母集団)
【第13回】母平均の検定②(大標本)
【第14回】母平均の検定③(分散未知の正規母集団)
【第15回】まとめ
成績評価の方法 レポート課題(40%)、期末試験(60%)。
フィードバックの内容 レポート課題の模範解答は、翌週の授業内やポータルサイトにて発表する。
教科書 『統計解析入門〔第2版〕』篠崎信雄・竹内秀一 サイエンス社 2009年
指定図書
参考書 『経済分析のための統計的方法〔第2版〕』岩田暁一 東洋経済新報社 1983年
教員からのお知らせ
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワーにて受付けます。
その他 『統計学基礎』の単位を取得済みであること。