経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

国際経済学1

履修年度 2021
講義コード 11C0112201
科目名 国際経済学1
開講期 1期
担当者氏名 河原 伸哉
履修年次 3年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 国際貿易の理論と政策について学ぶ。国際経済学1(前半部)では、国際貿易の仕組みを理解する上で基礎となる概念について説明し、貿易パターンや貿易利益、さまざまな貿易政策とその効果や問題について学ぶ。国際経済学2(後半部)では、GATT/WTOなどの国際貿易のルール、FTAやEPAなどの地域貿易協定、労働や資本の国家間の移動、貿易と環境などの各種トピックについて学ぶ。
到達目標 貿易利益、貿易パターンなど国際貿易論における諸概念を理解し、国際貿易が行われる理由とそのメカニズムについて説明できる。関税など貿易政策の効果を説明できる。TPPなど自由貿易協定の仕組みを理解し、その影響を説明できる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 各回の授業で取り扱う内容について、事前に教科書や参考書の該当部分を読み予習を行うこと。授業後は配布資料や教科書・参考書を用いて復習を行うこと。上記の予習・復習など授業外に計60時間以上の学修を行うこと。
授業計画 【第1回】イントロダクション



【第2回】比較優位と分業の利益



【第3回】比較優位と国際貿易



【第4回】貿易利益



【第5回】比較優位の決定要因



【第6回】産業間貿易と産業内貿易



【第7回】規模の経済、製品差別化とフラグメンテーション



【第8回】関税・輸入割当の効果



【第9回】保護貿易を擁護する主張



【第10回】戦略的貿易政策



【第11回】動学的規模の経済のもとでの貿易政策



【第12回】アンチダンピングとセーフガード



【第13回】アンチダンピングとセーフガードの経済学



【第14回】貿易政策の政治経済学



【第15回】まとめ
成績評価の方法 各単元の終了後に小テストを実施する。それらの結果を基に成績を評価する(100%)。
フィードバックの内容 小テストのフィードバックはWebClassにて実施する。
教科書 『国際経済学をつかむ第2版』石川城太・椋寛・菊地徹 有斐閣 2013
指定図書
参考書 『国際経済学』阿部顕三・遠藤正寛 有斐閣 2012
『入門国際経済学』大川良文 中央経済社 2019
教員からのお知らせ
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、WebClassのメッセージ機能にて受け付ける。
その他