経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

教養特講6〈古文書を読む〉

履修年度 2020
講義コード 11C0106656
科目名 教養特講6〈古文書を読む〉
開講期 2期
担当者氏名 髙橋 美由紀
履修年次 1年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 近世文書を読解して、歴史人口学の基礎データの整理ができるようになること。
到達目標 近世地方文書が読めるようになること。
歴史人口学の整理史料BDSが作成できるようになること。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業後に4時間程度の復習をして次の授業をおよび試験に備えること。
4×15=60時間
授業計画 【第1回】地方文書とは
【第2回】候文とは
【第3回】上に返って読む
【第4回】文章を整える接頭語と助詞に用いられる変体仮名
【第5回】漢字で表記される接続詞・副詞・異体字
【第6回】一紙文書を読む1 訴訟関係文書
【第7回】一紙文書を読む2 土地関係文書
【第8回】一紙文書を読む3 離縁関係文書
【第9回】一紙文書を読む4 そのほか
【第10回】冊を読む 御用留帳1
【第11回】冊を読む 御用留帳2
【第12回】歴史人口学の基礎資料:宗門改帳を読む
【第13回】歴史人口学の基礎資料:宗門改帳をBDSに写す1
【第14回】歴史人口学の基礎資料:宗門改帳をBDSに写す2
【第15回】歴史人口学で使われる人口変数を算出する

第2回から15回の9時から9時15分まで確認テストを行う(持ち込み不可)。
第1期のくずし字の講座を受講し、ある程度読めるようになっていることが望ましい。
教科書必携。
必要に応じて参考書、資料などを追加する。
成績評価の方法 毎回の試験50点、期末試験50点(持ち込み不可)。
フィードバックの内容
教科書 『基礎 古文書の読み方』林 英夫 柏書房 1998
指定図書 『くずし字用例事典』児玉幸多 東京堂出版 1993
参考書
教員からのお知らせ
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワーにて受付けます。
その他