経済学部シラバス
2022年度(令和4年度)

Syllabus

生命科学2/生命科学B

履修年度 2022
講義コード 11C0106201
科目名 生命科学2/生命科学B
開講期 2期
担当者氏名 深谷 緑
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 「進化」は日常会話でもよく出てくる言葉ですが、あなたはそれを正しく理解しているでしょうか。進化については誤解が流布しており、その曲解・誤解の中には、社会への悪影響が懸念されるものさえ存在します。この講義ではヒトを含む生物の進化・環境適応のメカニズムを、おもにマクロな視点から学んでいきます。
到達目標 ・現代進化理論を正しく理解する

・ヒトを含む生物の様々な性質について進化における意義を考える事ができる

・代表的な似非進化論・有害俗説がなぜ間違いか説明できる
授業外学修内容・授業外学修時間数 予・復習用に配布した資料を精読・視聴する。授業で理解できなかった項目について参考資料などにあたって調べ、解決できない場合は質問をまとめておく。



興味に応じ、授業中に紹介する関連書籍などを読み、理解を深めることも勧める。



授業外学習時間として60時間以上を想定している。
授業計画 【第1回】 オリエンテーション-進化とは



【第2回】 ヒトの来た道



【第3回】 進化の樹・進化の網



【第4回】 進化のメカニズム①-自然選択



【第5回】 進化のメカニズム②-遺伝的浮動・種分化



【第6回】 生物の適応戦略 ・適応度



【第7回】 性選択-配偶者のえり好み、オス(メス)間闘争



【第8回】 血縁選択 



【第9回】 進化的に安定な戦略(ESS)



【第10回】 ゲーム理論 ①-タカ・ハトゲームと混合ESS



【第11回】 ゲーム理論 ②-コモンズの悲劇、他者との関係



【第12回】 集合・社会の意義



【第13回】 性的対立・世代間対立



【第14回】 共生・共進化



【第15回】 総活
成績評価の方法 平常点(50%)と評価課題(50%)の合計で評価します。

平常点:講義参加・理解度の確認のためquiz(各回1,2問程度)に答えて頂きます(WebClass利用予定)。提出点に正答得点を加算することがあります。

評価課題: 数問から成る「小課題」を3-4回程度出題します。出題から提出期限までは2週程度あり、ノートや資料参照のうえで解答可能です。
フィードバックの内容 quizの解答・回答を集計し、その次の講義回で結果の講評と、関連内容の復習を行います。また受講者の質問・コメント・リクエストから講義の進行速度、資料内容などを調節します。
教科書
指定図書
参考書 『カラー図解 進化の教科書 第1巻 進化の歴史』カール・ジンマー, ダグラス・J・エムレン 講談社 2016
『カラー図解 進化の教科書 第2巻 進化の理論』カール・ジンマー, ダグラス・J・エムレン 講談社 2017
『カラー図解 進化の教科書 第3巻 系統樹や生態から見た進化』カール・ジンマー, ダグラス・J・エムレン 講談社 2017
『私が進化生物学者になった理由』長谷川眞理子 岩波書店 2021
『アメリカ版 大学生物学の教科書 第4巻 進化生物学』デイビッド・サダヴァ 他 講談社 2014
『生き物をめぐる4つの「なぜ」』長谷川眞理子 集英社 2002
『進化とはなんだろうか』長谷川眞理子 岩波書店 1999
教員からのお知らせ 用語暗記ではなく本質の理解、システムの理解を目指して下さい。

必須資料は配付します。参考になるサイトや書籍等も随時紹介します。

生物界全体を見渡しつつも、動物(ヒト含む)の行動に焦点を当てる内容です。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応します。またメール等を介した質問対応も行います。
アクティブ・ラーニングの内容
その他 高校での生物履修歴・基礎知識の有無にかかわらず受講可能です。不安な場合は参考書7番目の1冊が(受講開始前の予習のために)お勧めです。また6番目も楽しく読めると思います。

教科書・指定図書はありません。参考になりそうな新書・文庫を挙げましたが、各々性質・範囲・難易度が違います。これ以外も含め、参考・関連書籍とその中身、お勧めポイントを、初回の授業で説明する予定ですので参考にして下さい。