経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

生命科学1/生命科学A

履修年度 2020
講義コード 11C0106101
科目名 生命科学1/生命科学A
開講期 1期
担当者氏名 植松 圭吾
履修年次 2年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 現代ではさまざまな生命現象が解明されており、その知見が実際の生活において幅広く利用されている。本授業では、DNAを中心とした遺伝情報がどのように次世代に受け継がれ、我々を形作っていくのかという生命科学の基礎について講義し、その後、遺伝子情報の進化や、生命科学研究で得られた成果が我々の生活にどのように影響しているかについて紹介する。
到達目標 遺伝子とはDNAの塩基配列によってコードされた情報であるということをまず理解する。DNAの塩基配列は自然選択によって作り上げられてきたものであるが、その一方で突然変異と浮動によってダイナミックに変化しているということを学ぶ。さらに、遺伝子情報の進化を調べることが感染症の予測などの社会問題に貢献していることを理解する。
授業外学修内容・授業外学修時間数 講義で理解できなかった点や、さらに知りたい点について、下に挙げた指定図書や参考書を読んで、あるいはインターネット上での検索などを通して、十分復習すること。
上記に示した授業外の学修は、60時間を目安に行うこと。
授業計画 【第1回】イントロダクション
【第2回】生命とは何か
【第3回】細胞の構造と機能
【第4回】細胞の増殖と分化
【第5回】遺伝のメカニズム(1)
【第6回】遺伝のメカニズム(2)
【第7回】遺伝子情報の進化(1)
【第8回】遺伝子情報の進化(2)
【第9回】遺伝子情報を用いた過去の推定(1)
【第10回】遺伝子情報を用いた過去の推定(2)
【第11回】老化の進化
【第12回】感染症の進化
【第13回】生命科学研究における解析手法
【第14回】最近の研究紹介
【第15回】まとめ
成績評価の方法 授業時に行う小テストと学期末試験の結果で成績を評価する。
フィードバックの内容
教科書
指定図書
参考書 『アメリカ版 大学生物学の教科書〈第1巻〉細胞生物学』D. サダヴァほか 講談社 2010
『アメリカ版 大学生物学の教科書〈第2巻〉分子遺伝学』D. サダヴァほか 講談社 2010
『現代生命科学 第2版』東京大学生命科学教科書編集委員会 羊土社 2019
『アメリカ版 大学生物学の教科書 第4巻 進化生物学』D. サダヴァほか 講談社 2014
『系統樹思考の世界』三中信宏 講談社 2006
『進化の教科書 第1巻』C. ジンマー、D. エムレン 講談社 2016
『進化の教科書 第2巻』C. ジンマー、D. エムレン 講談社 2017
『進化の教科書 第3巻』C. ジンマー、D. エムレン 講談社 2017
教員からのお知らせ 配布プリントを使用する。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応します。
その他