経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

異文化コミュニケーション2

履修年度 2020
講義コード 11C0106001
科目名 異文化コミュニケーション2
開講期 2期
担当者氏名 ホーマン 由佳
履修年次 1年生
単位数 2
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義
授業の目的 この授業では、日本と海外のメディア(テレビCM、広告、新聞記事)を主体的に読み解くメディアリテラシーを身につけ、異文化に対する姿勢や意識を高めることを目的とする。
到達目標 1)日常生活の中でさまざまなメディアに触れた時、その内容が誰のどのような目的や価値観に基づいて作られているかを考えることができる。(メディアリテラシーを身につける)
2)海外のメディアとの比較によって異文化を意識することができる。
3)広告、TVコマーシャル、新聞記事などのメディア素材をメディア教育の枠組みから分析することができる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 授業で扱ったメディア素材を見直す作業。
学修時間は60時間。
授業計画 【第1回】講義概要
【第2回】メディアと異文化
【第3回】メディアリテラシーとは
【第4回】メディア教育とは
【第5回】テレビCM分析
【第6回】広告分析
【第7回】アメリカのメディアリテラシー教育
【第8回】カナダのメディアリテラシー教育
【第9回】イギリスのメディアリテラシー教育
【第10回】”Teaching the Media"
【第11回】”Teaching the Media"
【第12回】英字新聞を読む
【第13回】英字新聞を分析する
【第14回】英語学習とメディアリテラシー
【第15回】日本におけるメディア教育導入の展望
成績評価の方法 課題提出 40%、期末試験 60%
フィードバックの内容 授業中に取り組む演習課題の結果を授業内で教員が開示し、学生の理解や意見をクラスで共有する。
教科書 『大学における英語教育とメディアリテラシー』ホーマン由佳 ソーシャルキャピタル 2017
指定図書
参考書 『メディアリテラシー 世界の現場から』菅谷明子 岩波新書 2000
『Teaching the Media』L. Mastermind Routledge 1990
教員からのお知らせ 講義は日本語で行いますが、扱う英語のメディア素材(テレビCMや英字新聞)を理解するための英文読解力が必要です。(TOEIC350点以上程度の英語力が望ましい。)
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、学部学科にて定めるオフィスアワー(金曜2限)にて受付けます
その他 随時プリント配布