経済学部シラバス
2022年度(令和4年度)

Syllabus

中国語2E

履修年度 2022
講義コード 11C0103405
科目名 中国語2E
開講期 2期
担当者氏名 森山 秀二
履修年次 1年生
単位数 1
校舎 品川キャンパス
授業形態 講義・演習
授業の目的 この授業は入門初級科目であり、発音の基礎をふまえ、文法の基礎(名詞、形容詞、動詞の各主述文、完了や経験、動作の進行、比較など)を学びます。毎回、テキストの本文を正しく発音し、基礎的な文法をしっかりおさえていきます。文法習得をメインとする授業ではありますが、最終的な目的は、自分自身のことを簡単な中国語で表現でき、中国人の友人と初歩的なコミュニケーションをとれるレベルに達することです。この授業は日本人の教員が担当します。
到達目標 ・中国語初級(中国語検定四級レベル)の基礎的な文法を運用し、簡単な文章を読み、書くことができる。

・中国語の基礎的な学修を通じて、外国語の辞書や文法書を自ら活用し、語学学修に役立てることができる。

・簡単な中国語で自分自身のことを表現でき、中国人と初歩的なコミュニケーションをとることができる。

・中国語を通し、中国についての理解を深め、日中友好に寄与できる。
授業外学修内容・授業外学修時間数 発音は、毎日くりかえし練習しなければすぐに忘れてしまいます。授業が終わった後、毎回自分でCDを聞き、声を出して反復練習し、学んだことを復習して下さい。発音の復習、テキストからの宿題を含め、この科目では15時間以上の授業外学修を行って下さい。
授業計画 【第1回】第1期の復習 今後の課題

  第7課 会話7-1 どこにいる? ポイント1.“在”の文 2.指示代名詞(場所)

【第2回】前回の復習 どこにいる?

  第7課 会話7-2 AそれともB? 3.選択疑問文 4.指示代名詞(モノ・コト)ドリル7

【第3回】第7課の復習 どこにいる? AそれともB?

  第8課 会話8-1 どれくらいかかる? ポイント1.形容詞の文 2.前置詞“离”と“从~到…”

【第4回】前回の復習 どれくらいかかる?

  第8課 会話8-2 ~するのが好きです 3.動詞“喜欢” 4.連動文

【第5回】第8課の復習 どれくらいかかる ~するのが好きです

  第8課 ドリル8 文法のまとめ(第7-8課) 確認テスト(第7-8課)

【第6回】前回の復習(第7-8課)

  第9課 会話9-1 いくら? ポイント1.手段・方法を尋ねる 2.値段の尋ね方

【第7回】前回の復習 

  第9課 会話9-2 Aより~です 3.比較文 4.比較文の否定 ドリル9

【第8回】第9課の復習 いくら? Aより~です

  第10課 会話10-1 ~したい 1.動詞のうしろの“了” 2.助動詞“想”

【第9回】前回の復習 ~したい

  第10課 会話10-2 どこで? 3.文末の“了” 4.前置詞の“在”

【第10回】10課復習 ~したい どこで?

  第10課 ドリル10 文法のまとめ(第9-10課) 確認テスト(第9-10課)

【第11回】前回の復習(第9-10課)

  第11課 会話11-1 ~できる? ポイント1.助動詞“会” 2.助動詞“能”

【第12回】前回の復習 ~できる?

  第11課 会話11-2 ~していい? 3.助動詞“可以” 4.前置詞“给” ドリル11

【第13回】第11課の復習 ~できる? ~していい?

  第12課 会話12-1 ~している ポイント1.進行形 2.禁止の言い方

【第14回】前回の復習 ~している

  第12課 会話12-2 ~したことがある 3.経験を表す“过” 4.“是~的”構文

【第15回】12課の復習 ~している ~したことがある

  第12課 ドリル12 文法のまとめ(第11-12課) 確認テスト(第11-12課)

  第2期授業の総まとめ
成績評価の方法 小テストの結果(20%)、授業における課題への取り組み(20%)、定期試験の結果(60%)を、原則、成績評価の対象とします。詳細について各担当教員の教員にご確認ください。
フィードバックの内容 宿題の添削、小テストの解説によってフィードバックを行います。
教科書 『はじめよう 楽々 中国語』小林和代・韓軍 白水社 2018年3月10日
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 授業では、発音や文法の基礎をふまえ、なるべく実践的な「使える中国語」を習得することを目指します。そのため、授業に出席する際は、受け身ではなく、積極的に声を出し、教員からの質問に答えるようにして下さい。
オフィスアワー この授業は複数クラスで行われています。オフィスアワーあるいは質問対応可能時間の詳細については、各担当教員にお問い合わせください。
アクティブ・ラーニングの内容
その他 このシラバスは専任の森山秀二が代表して書いています。実際の授業の詳細については、各担当教員の指示に従ってください。