経済学部シラバス
2020年度(令和2年度)

Syllabus

ドイツ語3

履修年度 2020
講義コード 11C0102301
科目名 ドイツ語3
開講期 1期
担当者氏名 辻本 勝好
履修年次 1年生
単位数 1
校舎 品川キャンパス
授業形態 演習
授業の目的 ドイツ語の発音練習から出発して、初級文法に基づく、日常生活に直結した、興味深くて比較的平易なドイツ語の文章の口頭練習及び読解練習と、これに付随した練習問題を課することにより、文法の理解と読解力を確かなものにする。
到達目標 ドイツ語の初級レベルでの読み・書き・話す・聞くのバランスのとれた語学力を培うことができる。
毎回出席をめざし、楽しくドイツ語を学び、自らの世界を広げよう。
授業外学修内容・授業外学修時間数 練習問題を含めて毎回予定された分量を、語句注を参照しつつ不明な点があれば辞書を引いて、必ず予習しておくこと。CDを予習・復習の際に活用して欲しい。
なお、上記に示した授業以外の学修は15時間(毎回1時間)以上を目安に行うこと。
授業計画 【第1回】ガイダンス・発音練習(1)
【第2回】発音練習
【第3回】(Lektion 1)ドイツ語の仕組み(文法)
【第4回】聞いて話してみよう(読解練習)
【第5回】たしかめよう(練習問題)・ことばを覚えよう(語彙)
【第6回】(Lektion 2)文法
【第7回】読解練習・練習問題・語彙
【第8回】(Lektion 3)文法
【第9回】読解練習・練習問題・語彙
【第10回】(Lektion 4)文法
【第11回】読解練習・練習問題・語彙
【第12回】(Lektion 5)文法
【第13回】読解練習・練習問題・語彙
【第14回】前期のまとめ
【第15回】補足説明と質疑応答
成績評価の方法 期末試験(80%)を基に平常点(20%)を加味して総合的に評価する。平常点も平素の授業態度と学習への取り組み度を基に総合的に評価する(前提条件として最低3分の2以上の出席が必要)。
フィードバックの内容
教科書 『ドイツ語 スイッチオン! Ver.2 [CD付]』櫻井/信岡共著 郁文堂 2012年
指定図書
参考書
教員からのお知らせ 訳読してもらう必要上、辞書は必ず持参のこと。
オフィスアワー 本授業に関する質問・相談は、授業終了後、次の授業に支障がない範囲で教室内にて対応します。
その他