オンライン授業への取り組みについて

オンライン授業への取り組みについて

※2020年1期現在

“学びを止めない”

新型コロナウイルスの感染拡大は学生の学びにも大変な困難をもたらしています。
休校期間が生じたことで授業の遅れが懸念される中、立正大学経済学部は
“どのような状況でも学生の学びを止めてはならない”
そんな思いから、2020年1期の授業は全てオンラインで開講しました。

2020年度の新入生は、入学早々、大学に通うことができないままにオンライン授業開始となりました。立正大学経済学部ではこうした新入生の不安を無くそうと、本学システムを利用して、単に資料を配布するだけではなく、履修方法等を説明する動画を配信したり、オンラインの掲示板やビデオ通話で先輩学生と相談できる機会を設けたりました。
新入生の対応力もあり、オンライン授業開始前の履修登録もスムーズに進めることができました。

このように早期にオンライン対応ができたのは、これまでの対面式授業において、リアクションペーパーや課題の提出、そしてグループ課題の共同作業をオンライン上で行うなど、日頃、ICTツール(IT技術を使ったコミュニケーションのツール)を利用していた経験があったからです。

さらに、立正大学経済学部の教員の中には、オンライン学会で研究発表を行ったり、海外や国内遠隔地にいる研究員との共同研究でオンライン会議などを行ったりしており、研究活動においてもICTツールを利用しているものもおります。

学生にとって、大学に通えないのは非常につらいことだと思います。しかし、テレワークが一般化していくこれからの社会において、学生の時点でオンライン対応力をつけることは重要となってきます。
4年生の就職試験でも既にオンライン面接やオンライングループワークが導入されています。

立正大学経済学部では、コロナ禍だからオンラインではなく、将来社会で求められる力を養うためにもオンラインの強みを生かした教育を目指します。その一例として、オンラインを活用した授業で長年、実績を積んできた「オンライン英会話授業」の様子をご紹介します。

3種類のオンライン授業

1

同時双方向型(Web会議システム)授業

リアルタイムで教員と学生が参加する、双方向のコミュニケーションを取りながらのオンライン授業です。
学生たちは、別々な場所から、オンライン上にある1つのファイルに同時にアクセスして論文や発表会資料をグループで作り上げたり、それを使って、発表者が交代しながらプレゼンテーションを行ったりすることもできます。
オンライン授業の中で最も、通常授業に近い形式がとれる方法です。
ゼミでビジネス統計学を学ぶ様子

ゼミでビジネス統計学を学ぶ様子

Excel操作方法を、ビデオ通話で質問しながら学びます。
ファイルを先生とオンラインで共有しているので、きめ細かく指導してもらえます。
2

オンデマンド型授業

インターネット上にアップロードされている動画を見るオンライン授業です。
定められた期間内であれば自分の好きな時間に視聴することができます。
また、複数回再生することも可能なので聞き逃す心配がありません。

オンデマンド型授業

金融コースのコーポレート·ファイナンス3の授業資料

実際の授業資料では、右上にある青字のリンクをクリックすることで、解説動画を見ることができます。
わからないことがあった際は、オンライン上のアンケートやチャット機能で質問できます。
3

資料配布型授業

自宅学習ができる資料を配布し、学生が教科書と読み合わせる方法です。
資料は講義の台詞を文字に起こしたものや、穴埋め方式など授業の内容に合わせた最適なものを配布します。
耳で聞いただけでは理解しにくい内容を繰り返し読み、理解を深めることができます。

オンライン授業の様子(オンライン英会話授業の例)

■オンライン授業の紹介

フィリピンのミンダナオ国際大学(MKD)の学生チューターとリアルタイムで1対1の英会話レッスンを行います。使う教材はMKD作成のものと、経済学部の担当教員クボ先生が学生のレベルと興味に合わせて授業用に毎週更新するブログの2本立てで、毎週幅広いテーマのトピックについて話す練習をします。

通常の授業内容は以下の3ステップで進行します。

ステップ1
warm-upレッスン(クラス全体)

ステップ2
学生チューターと学生の1対1の英会話レッスン

ステップ3
follow-upレッスン(教員による授業の振り返り)
オンライン授業の紹介
オンライン授業の紹介
■オンライン英会話のメリット

最初は英語でうまく話せなかった学生も毎週レッスンを重ねることで自信を持って英語で話をすることができるようになります。英語力だけではなく、コミュニケーション力や異文化対応力を同時に身につけることができるので、まさに擬似留学を体験できます。
2020年度からは、端末教室でのスカイプ利用のレッスンではなく、自宅でweb会議システムZoomを使う授業形態に移行しました。デジタル技術のツールを活用することで授業内容がより充実し、学習効果に加え教育効果も期待できるようになりました。

ここが違う!大学教育機関だからこそ提供できるオンライン会話レッスン

立正大学経済学部のオンライン英会話の授業が市販の英会話レッスンと大きく違うのは、学生、学生チューター、MKDのプログラムコーディネーター、立正大学経済学部の担当教員が連携して授業を運営している点です。英会話レッスンの前後に文法や語彙などのポイントを担当教員がサポートします。特にZoomのBreakout Rooms, Whiteboard、Chat機能を有効活用することで丁寧な学習指導が可能になり、より質の高い教育を提供しています。
例えば、コーディネーターや教員がバーチャルで各教室(ルーム)を巡回しモニターすることで、学生チューター管理や学生のレベルと伸び具合、苦手な学習項目を効率よく把握できるようになりました。実践的な英語教育をめざす国際コースの科目で、生きた英語を楽しみながら学ぶことができる授業です。

オンライン英会話担当のクボ先生の一言!!

オンライン授業の紹介

自宅で参加するオンライン英会話の授業は “教室”という人工的な学習環境の壁がありません。そのため、この授業を受講する学生たちは、真のコミュニケーションを通して英語を習得し異文化理解を深めることができます。