教員紹介
staff introduction

戎野 淑子

戎野 淑子

(えびすの すみこ)

教授
主な担当分野 労働経済学、経営労務

略歴

慶應義塾大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学、嘉悦大学経営経済学部専任講師、准教授、立正大学経済学部准教授を経て、現職法政大学大学院職業開発研究所特任研究員

現在の研究テーマ

日本の労使関係(雇用関係)、中高年齢者の雇用

ゼミナール紹介

労働経済学を勉強しています。2、3年生ともにテーマを自分たちで設定し、いくつかのテーマごとにグループを作り研究を進め、最終的にレポートを作成し、発表を行います。具体的には、自ら問題を探し、その解決策を見つけるために、資料を収集し、分析し、議論を行っていきます。そして、現在の雇用状況や就職状況、将来性のある企業や働き方について理解できる内容となっています。


『ゼミの様子をのぞいてみよう!』へのリンク

主な研究実績

  • (1)『労使関係と職場の課題』日本生産性本部2018年
  • (2)「労使関係の変容と生産性向上:雇用の性格の変化を中心に」『組織科学』第50巻第2号2016年12月
  • (3)「破綻に向かう『日本的』労使関係」駒村康平編著『2025年の日本:破綻か復活か』勁草書房2016年
  • (4) “The Japanese Style of Labor Management Relations”(Chap.1) “Labor-Management Relations in Japan”(Chap.2)“ Japan’s Economic Development and Labor-Management Relations –The role of the respective entities”(Chap.5) Manual on labor-management relations :Japanese experience and best practices Asian productivity organization December 2014
  • (5)共著「職場における中堅層の現状と課題」『日本労働研究雑誌』No.653 労働政策研究・研修機構 2014年

所属学会

日本労務学会、日本労使関係研究協会、日本経済政策学会、 日本キャリアデザイン学会