教員紹介
staff introduction

森山 秀二

森山 秀二

(もりやま しゅうじ)

准教授
主な担当分野 中国語

略歴

日本大学文理学部卒業
同 大学大学院博士課程修了
同 大学文理学部助手就任
立正大学教養部 専任講師・助教授(中国語)
立正大学経済学部 助教授・准教授

現在の研究テーマ

欧陽修と宋代の学術・王安石の文学的特色

ゼミナール紹介

担当教員は経済学を専門とする教員ではありません。経済学的な研究や勉強は各自で進めていただきます。急激に変化する現代社会に興味を持ち、現代的な問題点を調査研究することは、経済学部に学ぶ皆さんにとって大切なことだと考え、各自が自分の興味を感じている問題を掘り下げ、グループや個人で研究や調査に取り組んでもらっています。

主な研究実績

  • (1)「元刊本『欧陽文忠公集』を巡って」 立正大学『経済学季報』 2001年10月
  • (2)「李商隱研究資料考一(基本文献編)(稿)」立正大学『経済学季報』 1998年3月
  • (3)「欧陽修のテキストについて-その成立過程を中心に-」 立正大学教養部 『立正大学教養部紀要』 1993年3月
  • (4)「欧陽修の悼亡詩-悼亡を巡る問題」 立正大学教養部 『立正大学教養部紀要』 1991年1月
  • (5)「欧陽修と西崑派 -楊億評価を巡る問題-」『中国学論集』汲古書院 1990年11月

所属学会

日本中国学会会員、日本中国語学会会員