外木 好美|立正大学 経済学部

教員紹介
staff introduction

外木 好美

外木 好美

(とのぎ このみ)

専任講師
主な担当分野 国際金融、特殊講義〈証券論〉、特殊講義〈企業金融〉

略歴

中央大学経済学部卒業
一橋大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学
内閣府経済社会総合研究所景気統計部事務官
神奈川大学経済学部特任助教

現在の研究テーマ

企業の設備の除却行動の分析、無形資産と企業価値・資本収益性

ゼミナール紹介

ゼミでは、自ら調査分析を行い、論文を作成することを通じて、自分自身で考え、行動できる人になることを目指します。2年次には、テーマ設定をして、グループで論文を作成し、ゼミナール大会(学内)等での論文発表を行います。これまで、品川や小田原にて、少子化問題の実地調査を行いました。3年次には分析ツールとしての統計分析を学び、論文の下準備を行います。 4年次には、各人1テーマで、論文を書き上げます。

主な研究実績

  • (1)Measurement of R&D Investment by Firm and Multiple q: Analysis of Investment Behavior s by Capital Good at Listed Japanese Firms, Public Policy Review, Vol.13, No.2, 2018.【共著】
  • (2)Can Intangible Investments Ease Declining Rates of Return on Capital in Japan?, International Productivity Monitor, No.33, 2018.【共著】
  • (3)Do Intangibles Contribute to Productivity Growth in East Asian Countries? Evidence from Japan and Korea,The World Economy: Growth or Stagnation?, Cambridge University Press, 2016.【共著】

所属学会

日本経済学会
日本金融学会