教員紹介
staff introduction

平 伊佐雄

平 伊佐雄

(たいら いさお)

准教授
主な担当分野 経済史基礎・経済史・欧州経済史

略歴

1991年3月 大東文化大学経済学部卒業
1999年3月 大東文化大学経済学研究科博士後期課程退学
1999年4月 立正大学経済学部講師
2007年4月-2008年3月 ギーセン大学歴史・文化学部歴史学研究所中世史分野客員研究者
2009年4月 立正大学経済学部准教授

現在の研究テーマ

シトー会修道院の経済活動について

ゼミナール紹介

ゼミナールでは、主としてヨーロッパ中・近世の歴史を経済の側面から分析することを目的として研究しています。史料から歴史を形作るテクニックの難しさもありますが、また、楽しさもあります。ゼミナールIの前半では、経済史の研究方法を学び、後半からは史料を読んでみたいと思います。これまで、探検の記録を分析したり、ガス、水道などのライフラインの歴史や儀礼や怪物の研究など、民俗学も取り入れた勉強を行ってきました。

主な研究実績

  • (1)「サイレン消える-立正大学に設置されたサイレンの物語-」『立正大学史紀要』第3号 2018年3月
  • (2)「立正大学と品川-品川産業遺産の考察-」『立正大学史紀要』第2号 2017年3月

所属学会

社会経済史学会、比較都市史研究会、西洋史研究会、産業考古学会