スタッフ紹介

王 在喆

王 在喆

(おう ありよし)

教授
主な担当分野 経済統計、ゼミナールⅠ・Ⅱ、計量経済学

略歴

1985年 上海鉄道大学(現同済大学)電信工学部 卒業
1988年 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程 修了
1997年 慶應義塾大学総合政策学部助手
2001年 慶應義塾大学総合政策学部客員助教授
2002年 立正大学経済学部助教授・慶應義塾大学産業研究所訪問助教授
2007年より 立正大学経済学部教授

現在の研究テーマ

日中両国の相互依存関係に関する計量分析

指導の方針・方法

実証可能な経済理論の研究を重視する。

主な研究実績

  • (1)[単著]「産業連関分析モデルを活用したサンゴ礁-人間共生系の環境経済学的研究」文部科学省新学術領域研究(課題番号:21121504)成果報告書、2011年。
  • (2)[共著]「日中貿易の拡大が日本経済の生産・雇用・労働生産性に及ぼした影響」『経済学季報』(立正大学経済学会)63巻3号、2013年。
  • (3)[共著]「上海・中国・日本の国際産業連関構造に関する一考察-2007年日中国産産業連関表による-」『経済学季報』(立正大学経済学会)63巻4号、2014年。
  • (4)[共著]「中国東部沿海地域と日本との国際産業連関構造―2007年中国地域産業連関表および日中国際産業連関表による実証分析」『中京大学経済学論叢』26号、2015年。
  • (5)[共著]「中国上海地域と日本との国際産業構造―2007年規模別日本・中国・上海国際地域産業連関表による実証分析」『経済学季報』(立正大学経済学会)64巻4号、2015年(近刊)。

所属学会

日本地域学会、環太平洋産業連関分析学会(PAPAIOS)等。