コース制紹介
Courses

3コース制導入

立正大学経済学部では2018年度より、入試段階で選べるコース制を導入しました。
3つのコースから、自分の未来にぴったりな道を選べます。なりたい自分へまっすぐに進めます。

の3コース を設けました。各分野のスペシャリストとしての基礎を4年間でしっかり身に着けます。
なお、コース制導入に伴い、「Skypeで学ぶ英会話」は、国際コースのカリキュラムに、「経済フィールドワーク」は、経済学コースのカリキュラムに移行しました(他のコースの方は受講できません)。

≫ こちらからパンフレットをダウンロードできます。

学びの特色

経済学コース 金融コースを見る 国際コースを見る

「立正大学経済学部経済学科」をベースとした「メインコース」

「経済学コース」は、2017年度入学生までの、「立正大学経済学部経済学科」のカリキュラムをベースとした、メインコースです。複雑で多様な現代の経済社会の構造と、その変動要因を理解する力を身につけることができます。

「経済学」は、「お金と財・サービスの交換=経済活動」に関する現象を分析し、理論的に説明する学問体系です。経済活動は社会のあらゆる分野に関係しているので、社会のすべての領域が「経済学」の研究対象となります。そのため、「○○経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、公共経済学、国際経済学)」といった個別の分野が数多く存在します。こうした分野における経済理論は、将来皆さんが就職する業種と密接に関連しているので、自らの目指す職業分野に関連する「○○経済学」を身につけることは将来大いに役立つはずです。

「経済学コース」は、こうした幅広い経済学の世界を網羅したカリキュラムを有しており、さまざまな職業分野を目指す学生のニーズに対応できる、「履修モデル」を用意しています。したがって、「自分が進むべき道をこれから見つけていきたい」と考えている方には、「経済学コース」をお薦めします。

また、公務員を目指すうえで必要な、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済政策論などの知識を幅広く身につけることができますので、公務員を考えている方には、「経済学コース」をお薦めします。

POINT

「立正大学経済学部」の「メインコース」です。

幅広い「経済学」の世界を網羅できるカリキュラムです。

※「○○経済学」という専門分野が多数存在する、幅広い学問である「経済学」を網羅できます。

どんな仕事にも役に立つ「経済を見通す目」が身につきます。

※現代の経済社会の構造と、その変動要因を理解する力を身につけることができます。

「自分が進むべき道をこれから見つけていきたい」という方にお薦めです。

※「国際コース」「金融コース」は、具体的な希望進路を有する方に適した特別コースです。

公務員志望の方には、「経済学コース」がお薦めです。

※公務員を目指すうえで必要な、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済政策論などの知識を幅広く身につけることができます。

経済学コース入学者のみが、「経済フィールドワーク」を受講できます。

注)「経済フィールドワーク」は、受講者が抽選により決まる授業です。

※「経済フィールドワーク」は、経済の実情を、現場を通して学ぶ授業です。

※「経済フィールドワーク」の授業を通して、将来仕事を進める上で必須とされる力、すなわち、事前準備から調査までのプロセス全体をデザインする力、調査から得られた情報やデータを分析してまとめる力を養うことができます。

カリキュラム

※名称、内容は変更する場合があります。

「経済学コース」では、「経済学を体系的に学ぶ」ことができます。幅広い経済学の世界を網羅したカリキュラムになっていますので、さまざまな職業分野を目指す学生のニーズに対応できます。

●「経済学を体系的に学ぶ」

  • 「経済」はとても複雑な「生き物」です。経済を理解するためには、その「理論」と「歴史」を知らなければなりません。「理論」は、経済という生き物がどのような構造を有しており、どのように機能するのかについて考えます。「歴史」は、経済という生き物がどのようにして現在の形態に至ったのか、これからどのように形態が変化していくかについて考えます。

    経済学の「理論」には大きく分けて、「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の2つがあります。「ミクロ経済学」は、「個々の家計、企業」の経済行動から出発し、市場がどのように機能するか、どのような政策が有効かなどを分析します。「マクロ経済学」は、「一国の経済」を全体的に捉え、それがどのように機能するか、どのような政策が有効かなどを分析します。「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の理論を理解することで、複雑な現代社会の構造、変動要因を理解し、自ら課題を発見し解決する力を身につけることができます。

    2年次以降、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」の理論を踏まえて、個別分野の経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、労働経済学、国際経済学)を学びます。

    経済の「歴史」、すなわち「経済史」は、その対象によって、「日本経済史」、「欧州経済史」、「アジア経済史」などの分野に分かれています。これらの国や地域の経済が歴史的に見てどのように成り立っているのかを知ることはとても重要です。

1年次

「経済学」の基礎を学ぶ 

1年次に「ミクロ経済学基礎」、「マクロ経済学基礎」、「経済史基礎」という経済学の基礎をしっかり学びます。

「ミクロ経済学基礎」

個々の家計、企業

「マクロ経済学基礎」

一国の経済

2年次以降

経済について本格的に学ぶ

2年次以降は、理論面では「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」の理論を踏まえて、個別分野の経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、労働経済学、国際経済学)を学びます。
また、歴史面では、日本経済史、欧州経済史、アジア経済史などを学びます。

  • 「環境経済学」

  • 「都市経済学」

  • 「国際経済学」

履修モデル

※名称、内容は変更する場合があります。

さまざまな職業分野を目指す学生に対応できる、幅広い「履修モデル」を用意しています。

国際コース 金融コースを見る 経済学コースを見る

「国際コース」は、ビジネスで必要とされる実践的英語力を身につけ、国際的な視野で物事を捉えて行動することができる人材の育成を目標としたコースです。

経済学部では、2005年に「英語を操り世界で活躍する国際ビジネス人の育成」を目的として「英語特別クラス(EIC)」を設置し、これまで多くの「国際ビジネス人」を輩出してきました。

2018年度のコース制導入にともない、「EIC」を「英語特別プログラム」としてグレードアップさせ、「国際コース」入学者のみが受講できる限定プログラムとします。

「英語特別プログラム」では、まず2年次以降に実施する「短期留学(海外語学研修)」に対応できる英語力を身に付けます。2年次の授業では、ビジネスで必要とされる「実践的英語力(個別スキル)」を養い、3年次では、「英語特別プログラム」の集大成2科目で、「実践的英語力」を完成させます。

POINT

英語を操り世界で活躍する国際ビジネス人を育成します。

※以下の能力を備える人材の育成を目標にしています。

  1. ビジネス英語スキル
  2. 国際ニュースに関する情報収集能力・理解力・意見の発信力
  3. 異文化理解力・異文化適応力
  4. 日本の経済情勢について発信できる英語運用力
  5. 海外の大学進学に必要な英語力

英語と経済学を並行して学ぶことで、グローバルなビジネス能力が身につきます。

※「英語特別プログラム」以外の授業は、「日本語」で行いますので、安心して「経済学」の専門知識を身につけることができます。

英語力向上と異文化理解を深めるため海外研修を強く推奨しています。希望者全員、2年次以降の「短期留学(海外語学研修)」に参加可能です。

※費用の一部を学部が補助します。

国際コース入学者のみが、経済学部「英語特別プログラム」を受講できます。

「英語特別プログラム」は3つのステップで「実践的英語力」を身につけます。

  1. [1年次]2年次以降に実施する「短期留学(海外語学研修)」に対応できる英語力を身につけます。
  2. [2年次]ビジネスで必要とされる「実践的英語力(個別スキル)」を身につけます。
  3. [3年次]集大成2科目で、「実践的英語力」を完成させます。
    • →「Business Negotiation」の授業では、3年次までに学んだ「実践的英語力(個別スキル)」の全てを活用した、「英語での交渉力」を身につけます。
    • →「Japanese Economy」の授業では、「ビジネスシーンで日本経済について情報発信をできる力」を身につけます。
英語特別プログラム

※名称、内容は変更する場合があります。

1年次

2年次以降に実施する「短期留学(海外語学研修)」に対応できる英語力を身につける

「英語リーディング1・2」
「英語リスニング1・2」

情報をすばやく捉えて読み取る力
スピーキングとリスニング能力

「Online English Conversation 1・2」

外国人との英会話に慣れる
(Skype英会話)

「Preparation for Studying Abroad 1・2」

短期留学への準備

「Introduction to Business and Economy」

ビジネスや経済に関する
英語のキーワードに触れる

2年次

ビジネスで必要とされる実践的英語力(個別スキル)を身につける

「News English 1・2」

国際ニュースに関する情報収集能力・理解力・意見の発信力

「Business English Skills 1・2」

会社内での英語実務能力

「Business Discussion 1・2」

ディスカッション能力

「Business Presentation 1・2」

プレゼンテーション能力

3年次

「英語特別プログラム」の集大成

「Business Negotiation」

交渉力
※2年次で身につけた「4つの能力」を全て活用

「Japanese Economy」

ビジネスシーンで日本経済について情報発信をできる力

短期留学(海外語学研修)

2年次以降に実施する「短期留学(海外語学研修)」に参加できます。

1年次に、「短期留学(海外語学研修)」をテーマに授業を行いますので、成果を確認してもらう場となります。また、3・4年次に国際交流センターのプログラムで「長期留学」を考えられている方にとっても、課題を見つける重要な機会となるはずです。

>>国際交流センターの留学プログラムはこちら

経済学部独自の語学研修プログラム

●米国カリフォルニア大学リバーサイド校(2017年夏期研修プログラム実施校)

日程:2年次 夏休み[2017年9月6日から16日間実施]
場所:カリフォルニア大学リバーサイド校[アメリカ]

※内容は、変更の場合があります。

UCRメインキャンパス

ビバリーヒルズ/UCRメインキャンパス

プログラム1(ビジネスレクチャー)

プログラム2(UCR学生との交流)

プログラム3(英語講座)

ユニバーサルスタジオ

ジョシュアツリー国立公園

UCRメインキャンパス

UCRプログラム修了式

金融コース 国際コースを見る 経済学コースを見る

「金融コース」は、「金融・財務に対する深い理解」、「金融・財務に直結した資格取得」の 2 つを軸に、金融機関はもちろん一般企業(財務担当) への就職を目指すコースです。

「金融・財務に直結した資格取得」として、簿記検定、ファイナンシャル・プランナー検定、宅地建物取引士などの資格取得支援プログラムを実施し、強力にサポートします。

金融・財務については商学部や経営学部でも学べますが、このコースの大きな特徴は、「経済学」を軸に体系的に学ぶため、理解の深さが違うという点にあります。

「金融コース」では、こうした特徴を活かし、金融機関や一般企業における金融・財務のエキスパートとして、地域経済を活性化させていく人材を育成します。

POINT

金融機関、一般企業(財務担当)への就職を目指す学生に特化した特別コースです。

※以下の内容を学びます。

  1. 金融人として働くための資格取得
  2. 銀行・証券・保険といったお金を預かる側としての専門知識
  3. お金を融通してもらう側として、一般企業の財務部門の専門知識
  4. 個人の将来設計に欠かせない資産運用を考えるための専門知識

「金融・財務に対する深い理解」をかなえるカリキュラム。

  • [1年次]「金融コース」での学びのベースとなる「簿記」「財務諸表」を修得します。
  • [2年次以降]自分の目指す職種に合わせて、より専門的な内容を学びます。
    1. お金を預かる側(銀行・証券・保険)
    2. お金を融通してもらう側(主に一般企業の財務担当)

「金融・財務に直結した資格取得」をサポートするカリキュラム。

※「日商簿記検定2級以上」、「ファイナンシャル・プランナー3級以上」、「宅地建物取引士」などの資格取得を目指した支援プログラムを実施します。

▶簿記系、金融系資格取得を明確な目標としている人におすすめです。

金融コース入学者のみが、「金融コース限定授業」を受講できます。

※「経済学コース」でもほぼ同じ科目の履修もできますが、さらに専門性の高い「金融コース限定授業」は「金融コース」でしか履修できません。

カリキュラム

※名称、内容は変更する場合があります。

「金融コース」のカリキュラムは、「金融・財務に対する深い理解」と「金融・財務に直結した資格取得」の2つを軸にしています。

●「金融・財務に対する深い理解」

  • まず1年次において、「お金やものの出入りを帳簿に記録するための方法」である「簿記」と、記録された帳簿をもとに作成される「財務諸表」を実践的に学びます。企業の経営成績や財務状態などの、企業の状況を把握するために、重要です。2年次以降の授業を学ぶ上でも必須の知識となります。

    2年次以降の授業では、金融の全体像を把握しながら、自分の目指す職種に合わせた専門的な内容が学べます。1.「銀行・証券・保険(お金を預かる側)」、 2.「一般企業の財務担当(お金を融通してもらう側)」と、上記1、2に大きな影響を与える、3.「金融市場全体の動きや金利の決定」を学びます。

●「金融・財務に直結した資格取得」

  • 1年次では、日商簿記の資格取得を目指した実践的な授業「実践簿記1・2」を配置しています。また、日商簿記の資格を取得することで単位が認定されます。「日商簿記の勉強」が「大学卒業」に直結するカリキュラムになっています。

    1年次で日商簿記の資格取得を目指し、2~3年次にはより専門的な金融系資格(ファイナンシャル・プランナーや宅地建物取引士)の取得を目指します。金融系資格も資格取得ができれば、単位認定されます。

    ※「ファイナンシャル・プランナー」の資格は、「金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金」などの幅広い基礎知識を得ることができるので、「金融機関」で働くうえで有用な資格です。

    ※「金融機関」が融資する際には、不動産担保の差入れが条件となる場合があります。その際、「宅地建物取引士」の資格・知識が役に立ちます。

1年次

「簿記」と「財務諸表」を学ふ

簿記・財務諸表

「財務諸表」は、企業の経営成績や財務状態などの、企業の状況(会社が上手くいっているのか?)を明らかにする成績表のようなものです。

「財務諸表」を分析する力は、「資金の融資、預かったお金の運用」を行なう「金融機関」や、「財務戦略の立案・実行、資金管理、資金調達」を行なう「一般企業(財務担当)」にとっては、必須の能力となります。

2年次以降

自分の目指す職種に合わせた、より専門的な内容を学ぶ

■金融機関

  • 「銀行論1・2」

  • 「保険論」

  • 「証券市場論1・2」

「金融機関」と一口に言っても、さまざまです。
預金を集め、企業に合わせてオーダーメイドでお金を融通する「銀行」。
保険料をあつめて資産運用し、万が一の備えを提供する「保険」。
資産投資をしたい個人とお金を融通してもらいたい企業を、証券市場を通じてつなげる「証券」。
自分の目指す職種に合わせた、より専門的な内容を学びます

■一般企業(財務担当)

  • 「コーポレート・ファイナンス1・2・3・4」

    「コーポレート・ファイナンス」は、企業価値を最大化するために、1.どうやって資金を調達すればいいのか、2.調達した資金をどこに投資すればいいのか、3.資金調達先にどのくらい還元すればいいのかといったことを、検討して実行する活動のことです。どの資金調達手段が有利なのか、日本の伝統的な資金調達であるメインバンク制とその変容も見据えて、学んでいきます。

  • ・資格取得だけでなく、金融を体系的に学び、理解をしたい人におすすめ
  • ・金融を通じて地域経済へ貢献する力を高めたい人におすすめ