コース制紹介
Courses

3コース制導入

立正大学経済学部では2018年度より、入試段階で選べるコース制を導入します。
3つのコースから、自分の未来にぴったりな道を選べます。寄り道せず、道草せず、なりたい自分へまっすぐに進めます。
経済学コース、国際コース、金融コースの3コースを設けました。各分野のスペシャリストとしての基礎を4年間でしっかり身に着けます。

≫ こちらからパンフレットをダウンロードできます。

学びの特色

経済学コース

「立正大学経済学部経済学科」をベースとした「メインコース」

「経済学コース」は、2017年度入学生までの、「立正大学経済学部経済学科」のカリキュラムをベースとした、メインコースです。複雑で多様な現代の経済社会の構造と、その変動要因を理解する力を身につけることができます。

「経済学」は、「お金と財・サービスの交換=経済活動」に関する現象を分析し、理論的に説明する学問体系です。経済活動は社会のあらゆる分野に関係しているので、社会のすべての領域が「経済学」の研究対象となります。そのため、「○○経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、公共経済学、国際経済学)」といった個別の分野が数多く存在します。こうした分野における経済理論は、将来皆さんが就職する業種と密接に関連しているので、自らの目指す職業分野に関連する「○○経済学」を身につけることは将来大いに役立つはずです。

「経済学コース」は、こうした幅広い経済学の世界を網羅したカリキュラムを有しており、さまざまな職業分野を目指す学生のニーズに対応できる、「履修モデル」を用意しています。したがって、「自分が進むべき道をこれから見つけていきたい」と考えている方には、「経済学コース」をお薦めします。

また、公務員を目指すうえで必要な、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済政策論などの知識を幅広く身につけることができますので、公務員を考えている方には、「経済学コース」をお薦めします。

POINT

「立正大学経済学部」の「メインコース」です。

幅広い「経済学」の世界を網羅できるカリキュラムです。

※「○○経済学」という専門分野が多数存在する、幅広い学問である「経済学」を網羅できます。

どんな仕事にも役に立つ「経済を見通す目」が身につきます。

※現代の経済社会の構造と、その変動要因を理解する力を身につけることができます。

「自分が進むべき道をこれから見つけていきたい」という方にお薦めです。

※「国際コース」「金融コース」は、具体的な希望進路を有する方に適した特別コースです。

公務員志望の方には、「経済学コース」がお薦めです。

※公務員を目指すうえで必要な、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済政策論などの知識を幅広く身につけることができます。

経済学コース入学者のみが、「経済フィールドワーク」を受講できます。

注)「経済フィールドワーク」は、受講者が抽選により決まる授業です。

※「経済フィールドワーク」は、経済の実情を、現場を通して学ぶ授業です。

※「経済フィールドワーク」の授業を通して、将来仕事を進める上で必須とされる力、すなわち、事前準備から調査までのプロセス全体をデザインする力、調査から得られた情報やデータを分析してまとめる力を養うことができます。

カリキュラム

※名称、内容は変更する場合があります。

「経済学コース」では、「経済学を体系的に学ぶ」ことができます。幅広い経済学の世界を網羅したカリキュラムになっていますので、さまざまな職業分野を目指す学生のニーズに対応できます。

●「経済学を体系的に学ぶ」

  • 「経済」はとても複雑な「生き物」です。経済を理解するためには、その「理論」と「歴史」を知らなければなりません。「理論」は、経済という生き物がどのような構造を有しており、どのように機能するのかについて考えます。「歴史」は、経済という生き物がどのようにして現在の形態に至ったのか、これからどのように形態が変化していくかについて考えます。

    経済学の「理論」には大きく分けて、「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の2つがあります。「ミクロ経済学」は、「個々の家計、企業」の経済行動から出発し、市場がどのように機能するか、どのような政策が有効かなどを分析します。「マクロ経済学」は、「一国の経済」を全体的に捉え、それがどのように機能するか、どのような政策が有効かなどを分析します。「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の理論を理解することで、複雑な現代社会の構造、変動要因を理解し、自ら課題を発見し解決する力を身につけることができます。

    2年次以降、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」の理論を踏まえて、個別分野の経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、労働経済学、国際経済学)を学びます。

    経済の「歴史」、すなわち「経済史」は、その対象によって、「日本経済史」、「欧州経済史」、「アジア経済史」などの分野に分かれています。これらの国や地域の経済が歴史的に見てどのように成り立っているのかを知ることはとても重要です。

1年次

「経済学」の基礎を学ぶ 

1年次に「ミクロ経済学基礎」、「マクロ経済学基礎」、「経済史基礎」という経済学の基礎をしっかり学びます。

「ミクロ経済学基礎」

個々の家計、企業

「マクロ経済学基礎」

一国の経済

2年次以降

経済について本格的に学ぶ

2年次以降は、理論面では「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」の理論を踏まえて、個別分野の経済学(例:環境経済学、都市経済学、農業経済学、労働経済学、国際経済学)を学びます。
また、歴史面では、日本経済史、欧州経済史、アジア経済史などを学びます。

  • 「環境経済学」

  • 「都市経済学」

  • 「国際経済学」

履修モデル

※名称、内容は変更する場合があります。

さまざまな職業分野を目指す学生に対応できる、幅広い「履修モデル」を用意しています。