File005 野村さん
Career Support

File005 野村さん

野村さん

日本郵便株式会社 勤務

File005

社会で役立つ経営の知識、
一生涯付き合っていける友人…
大学生活での出逢いは、
いろいろなものを与えてくれました

経営労務という分野に興味があり、その研究で歴史と実績のある立正大学で学びたいと思い、入学しました。経営労務とは企業における人事評価や給与算定など、雇用管理の根本となる重要な分野です。
戎野先生の講義で深く学びましたが、先生の口癖は「これは一般常識なんだから!」と。でもそれだけ、会社経営で欠かせないのだと思います。そうした勉強と同時に大学で得たものが友達です。高校までと違い、同じような目標をもつ学生と一緒に学ぶことや、厳しい就職活動を共にくぐり抜けたことで、一生涯付き合っていける友人と呼べる出逢いがありました。
就職活動に関しては3年次の夏頃から自主的に開始。鉄道会社でアルバイトをしていたこともあり運輸業界に興味がありましたが、自己分析を続けるうちに金融業界にも興味がわき、最終的には日本郵便株式会社を選びました。大学の就職支援では、学内で企業の方による会社説明会が頻繁に行われ、非常に役立ちました。また、戎野先生にいろいろ相談にのってもらったことも忘れられませんね。

就職活動中、印象に残っていることは?

日本郵便株式会社に決めた理由の一つが、説明会で応対して下さった社員の方と意気投合したこと。何度も接する中で、仕事に対するお互いの意見が一致し、盛り上がりました。
その方とは今でも、職場内外問わず付き合いが続いています。

勉強以外で役立った経験は?

在学中のほとんどの期間、鉄道会社で駅員のアルバイトをしていました。早朝にアルバイトをしてから大学に行ったり、放課後から働き始め、仮眠を取りつつ翌朝まで働いたことも。
ひと足先に社会の厳しさや仕事の面白さを知ることができたのは貴重でしたね。

後輩達へのメッセージ

大学は一生涯付き合っていける友人に出逢える場所。でも、じっとしていたら出逢いはありません。大切なのは、自ら動き出して、いろいろな場所へ飛び込んでいくこと。
自分が変わる、自分を変えてくれる出逢いを、立正大学での4年間でたくさん作ってください。

> 学生インタビューはこちら