インターンシップ
Career Support

インターンシップ体験談

田口さん

田口さん

インターンシップ先企業

株式会社富士通

業種
総合エレクトロニクスメーカー
所在地
東京都港区

3年次の9月から約3週間、富士通様へインターンとして実習をさせていただきました。実は大学入学後に簿記検定にも挑戦し、合格。できるならばインターンシップ先は金融関係、第一志望は銀行だったのですが、なかなかインターンシップ先が見つかりませんでした。結果的に富士通様でのインターンシップ体験をさせていただいたのですが、私の想像以上に多くのことを学ぶ機会を与えていただきました。
インターンシップ中は営業社員の方と一緒に外回りをしたり、会議に参加したりしました。私自身、人と接することが好きですし、営業の仕事が性に合っているのではないかと思っていました。もちろんそうした部分は大切で、営業社員はお客さまとのコミュニケーション能力に長けた方ばかりでした。ただクライアントから仕事を受注するには個人のコミュニケーション能力だけでなく、チームとしての連携や信頼関係が重要なのだと気付かされました。また、プレゼンテーションのレベルも非常に高いことに驚かされました。すべてにおいて高いレベルでビジネスを進める営業スタッフの姿を目の当たりにし、「このまま就職させてもらいたい」と思ったほどです。
その後の就職活動で、城北信用金庫から内定をいただき、結果的に金融の道へと進むことになりました。けれどもインターンシップで感じた営業的視点の大切さや、準備を徹底して行った上で計画的に物事を進めることの重要性などを知ることができた点が、自分の中で大きなプラスになっています。これらは働き始めてからも活かされると思っています。

池田さん

池田さん

インターンシップ先企業

株式会社ドウシシャ

業種
卸売業 (各種商品)
所在地
東京都品川区

私は「株式会社ドウシシャ」様にて10日間実習をさせて頂きましたが、学生ではできない貴重な体験を数多くさせて頂き、充実した日々を過ごすことができました。
営業に同行させて頂いた際には、商談先の企業(お店)によって求められる商品が違うため、臨機応変に対応しなければならないことを知りました。そしてそのためには、周到な事前準備や柔軟な発想力が重要であることを学びました。
会議に参加させて頂いた際には、緊張感のある雰囲気を味わうことができました。
内容はある商品の開発と販売の承認についての賛否を問うものでしたが、商品のプレゼンに対して上司の方が細かい部分を厳しく指摘されていました。一つの商品を市場に出すためには、顧客の身になってあらゆる事態を想定しなければならないことを学びました。
上記以外にも電話対応など貴重な体験をさせて頂きましたが、その中で多くの方々と交流することもでき、人間的に一回り成長することができました。 これまで「株式会社ドウシシャ」様のことは存じ上げませんでしたが、実習を経て大手をはじめ様々な分野の小売店と取引関係にあることを知りました。今までは知名度の高さに目がいきがちでしたが、一般の方々にはあまり知られていなくても、人々の生活に多大に貢献している会社もあるということに気づくことができました。就職活動では、広く情報を収集して幅広く社会を見ていきたいと思います。
早起きし、慣れないネクタイを締め、満員電車に乗って…と、社会人としての生活を肌で感じることで、卒業後の生活をイメージすることが出来ました。また、これまでは楽をして働きたいという思いがありましたが、安易な考え方であることを痛感しました。
この経験は就職活動では強みとなり、実際に社会人になった時にも必ず活きてくることと思います。
素晴らしい機会を与えて頂いた株式会社ドウシシャ様、キャリアサポートセンターの皆様、本当にありがとうございました。

勝又さん

勝又さん

インターンシップ先企業

株式会社グランビスタホテル&リゾート(ホテルコムズ銀座)

業種
宿泊業
所在地
東京都中央区

私はこの実習を通して、接客の大変さや楽しさを学びました。朝食バイキング、カフェ、バーレストランでの業務を行いましたが、基本は同じでもお客様との接し方はそれぞれ異なり戸惑うこともありました。例えば、朝食は一日の始まりということで元気よくはきはきしており、カフェも日のあたる明るい雰囲気、逆に夜のバーレストランは一転し、落ち着いた大人の雰囲気でした。声のトーン一つで印象は変わると教わったので、加えて出し方にも気を遣い変化をつけました。
今までの私なら笑顔で挨拶をして終わりでしたが、朝食を召し上がっていたお客様がそのあとカフェにもいらっしゃったので「朝食にもいらしてましたよね?ご旅行ですか?」と、勇気を出して声をかけてみました。すると会話が弾み、少しの間でしたがお話しすることができました。実習していることも伝えたら「頑張ってくださいね」と言っていただけて、その一言がとても嬉しくやる気に繋がりました。バーレストランでも初日から常連のお客様に声をかけていただきました。「ある国では人生に悩んだら、バーテンダーに相談しろ」という言葉があるのだという話、スタッフの方々の話などたくさん聞かせていただきました。途中嬉しくて泣きそうのなった時もありました。いろいろな方と出会い、いろいろな話を聞けるという接客の面白さを直接感じることができた瞬間でした。ただ、場合によっては話しかけられるのを迷惑に思うお客様もいらっしゃるので、そこはまた接客の難しいところだと思います。
今、私は飲食店でアルバイトをしています。インターンシップで経験した”ホテルの接客”を思い出しこれから活かしていきたいです。