立正大学経済学部創立70年~歴史とこれから~

立正大学経済学部創立70年~歴史とこれから~

 立正大学経済学部は2020年度に開設70周年を迎えます。

 立正大学のはじまりは今から400年以上も前、1580(天正8)年にまでさかのぼります。学徒の教育と日蓮宗学・仏教学の研究を目的として、下総国飯高(現・千葉県匝瑳市)に檀林(学問所)を開設しました。現在でも飯高寺として残されています。

 1904(明治37)年に専門学校令によって大崎の地(現・品川キャンパス)に日蓮宗大学林が設立され、日蓮宗大学と名称変更した後、1924(大正13)年に大学令により立正大学が設立されました。そして戦後の1950(昭和25)年に経済学部が誕生します。

 経済学部は、立正大学の社会科学系学部3学部(経済、経営、法)の中で最も古い学部です。

経済学部 70年の歴史を振り返る

1949

昭和24年

立正大学経済学研究所設置
→1965(昭和40)年に経済研究所に
1950

昭和25年

朝鮮戦争勃発

立正大学経済学部設置
1951

昭和26年

サンフランシスコ
平和条約・
日米安全保障条約を締結

私立学校法により財団法人を改め、学校法人立正大学学園(立正大学、同短期大学部、立正高等学校、立正中学校)となる
立正大学経済学研究所編『經濟學季報』発行
1952

昭和27年

後に総理大臣となる石橋湛山が第16代学長に就任
石橋湛山と立正大学
 石橋湛山は第一次吉田内閣(1946~1947年)の際、大蔵大臣となります。その優れた経済政策は高く評価されました。
その後、 1956(昭和31)年には内閣総理大臣に就任しました。
立正大学では、1952(昭和27)年から1968(昭和43)年3月まで長きにわたり学長を務めました。
ジャーナリスト、政治家、教育者として、生涯尽力されました。
橋湛山講演
石橋湛山講演 立正大学主催講演会
「最近の財政及び金融政策」(1954年)
沖中恒幸(経済学部初代学部長)による授業風景(1959年経済学部案内掲載)
沖中恒幸(経済学部初代学部長)による授業風景
(1959年経済学部案内掲載)
1959年竣工の新館
練習をする野球部員たち
沖中恒幸(経済学部初代学部長)による授業風景(1959年経済学部案内掲載)
沖中恒幸(経済学部初代学部長)による授業風景
(1959年経済学部案内掲載)
1959年竣工の新館
練習をする野球部員たち
1966年 新館と中庭
1966年 新館と中庭
第3回経済学部学生研究発表大会(1970年入学案内掲載)
第3回経済学部学生研究発表大会
(1970年入学案内掲載)
1990年 東京ドームにおいて経済学部・経営学部の入学試験を実施
1990年 東京ドームにおいて経済学部・経営学部の入学試験を実施
1963

昭和38年

立正大学経済学会設立
経済学研究所編『經濟學季報』を同『経済学会誌』
に変更
1964

昭和39年

東京オリンピック開催

熊谷キャンパス開校工事開始
1966年 新館と中庭
1966年 新館と中庭
1967

昭和42年

熊谷キャンパスにおいて
初めて入学式を挙行
1970

昭和45年

日本万国博覧会開催
第3回経済学部学生研究発表大会(1970年入学案内掲載)
第3回経済学部学生研究発表大会
(1970年入学案内掲載)
1973

昭和48年

名誉学長・石橋湛山逝去
1988

昭和63年

立正大学大学院経済学研究科(経済学専攻)修士課程設置
1989

平成元年

ベルリンの壁崩壊
1990

平成02年

湾岸戦争勃発 
ソビエト連邦、解体

東京ドームにおいて経済学部・経営学部の入学試験を実施(以降3年間実施)
1990年 東京ドームにおいて経済学部・経営学部の入学試験を実施
1990年 東京ドームにおいて経済学部・経営学部の入学試験を実施
1992

平成04年

現・品川キャンパスに石橋湛山記念講堂が竣工
1994

平成06年

立正大学大学院経済学研究科(経済学専攻)博士後期課程設置
1995

阪神淡路大震災

平成07年
2000

平成12年

立正大学経済学部は
中国人民大学経済学院、同大学財政金融学院(中国)及び
北方交通大学(現北京交通大学)経済管理学院(中国)と
学術交流協定を結ぶ
2010

平成22年

経済学部開設60周年記念フォーラム・記念式典開催
2011

平成23年

東日本大震災
2018

平成30年

経済学部3コース制導入(経済学コース・金融コース・国際コース)

これからの立正大学経済学部

立正大学経済学部は開設100周年とその先の未来へ向けて、
経済活動の仕組みを理解し複雑な現代社会を生き抜くことのできる人材の育成に、今後も注力していきます。